インスタ鎌倉で紫陽花が綺麗に撮影できる場所とは?アクセス、拝観時間や値段も

おはようございます!ほだかです。

なんだか今日は朝から地震が多いですね。

朝から大阪でも揺れてました。南海トラフの揺れなども最近心配されていますが、

今回は全く関係ないものだったようです。

長野で震度5が出ているので、何事もなければ良いのですが…

話しは変わりますが、6月といえば梅雨の時期ですね。梅雨入りしてからすぐは全然雨も降らずに本当に梅雨なの?

という感じになりましたが、最近は雨も多くて逆に大雨やゲリラ豪雨で災害も危惧されて

いますね。

今日は6月のイメージとしても代表される花の「紫陽花」ですが、

シーズンになってきていますね。最近はインスタグラムやTwitterなどでも紫陽花と

一緒に撮る写真もたくさん上がってきています。

さて今日は関東の一大観光地「鎌倉」にて、紫陽花を綺麗に撮影できるスポットをシューイチで特集していましたので今日は、紹介します!

梅雨ならではの楽しみ方なので、是非行ってみてくださいね。

スポンサードリンク

長谷寺の紫陽花を見上げる良縁地蔵

今の時期しか見られない紫陽花が綺麗に見られるのは、鎌倉にある長谷寺という場所です。

ここにはなんと40種類以上約2500株のアジサイが群生しており、梅雨の季節には眺望はもとより「アジサイの径(こみち)」として散策も楽しめるそう!

〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
TEL 0467-22-6300 FAX 0467-22-6303

当山は、観音山の裾野に広がる下境内と、その中腹に切り開かれた上境内の二つに境内地が分かれており、入山口でもある下境内は、妙智池と放生池の2つの池が配され、その周囲を散策できる回遊式庭園となっております。また、その周辺にとどまらず、境内全域は四季折々の花木に彩られ、通年花の絶えることのないその様相は、「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ぶに相応しい風情を呈しております。

上の境内には、本尊である十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置される観音堂をはじめ、主要な諸堂宇が建ち並ぶほか、鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」と、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地となっております。

出典:http://www.hasedera.jp/about/

そしてインスタで一番話題になっているのが境内にある良縁地蔵

この良縁地蔵とは、3カ所ありこの3カ所全てを写真に収めると良縁が恵まれるとのことで

今まさに!話題です。

これはほっこりしますよねー^^

紫陽花が笠のようにかぶっているのは実際生で見てみたいですね^^

紫陽花の中にある良縁地蔵などは本当に不意に現れるので見逃す可能性などもあるそうです(><)

気をつけないと!

良縁地蔵そのものでも、インスタにアップされていますが、紫陽花とのコラボ自体は

なかなか難しいみたいですね。

見た感じ紫陽花との距離が遠いので、なかなか接写で紫陽花と一緒に撮影するのは難しそうですが、紫陽花を見上げる写真は風情があっていいですね。

スポンサードリンク

アクセスや拝観時間、値段は?

まずアクセスです。駐車場は普通車が30台、バス4台しか駐車場がないので、できれば交通機関でいったほうがいいと思います。駅からも徒歩五分と近いので。
■公共交通期間
● JR 横須賀線、鎌倉駅下車
→バス「長谷観音」下車、徒歩5分 または
→江ノ電「長谷駅」下車、徒歩5分●小田急線、藤沢駅下車
→江ノ電「長谷駅」より徒歩5分

■お車でお越しの方

横浜横須賀道から朝比奈I.C.下車 県道204号にて30分

拝観時間は、夏期間は8:00〜17:00で閉山は17:30のようです。

(冬場:10月〜2月は8;00〜16:00で閉山17:00)

拝観料は、一般で大人が300円、小学生が100円。

団体拝観者(30名以上で大人が250円、小学生で50円)となっています。

そんなに高くもないし、週末にぷらっと江ノ電でいける感じがこれまたいいですよね(^0^)/

梅雨ってなんだかもやっとした感じでマイナスなイメージですが

今しか見れない綺麗な紫陽花を見れると、梅雨もいいなぁって思えますよね。

©ぱたくそ

みなさんも是非いってみて、インスタ撮影してみてくださいね★

ご一読いただきありがとうございます!!