手塚新理(飴細工職人)のお店は?購入方法や値段も。海外での評判は?

こんにちはー。

ほだかです。

久しぶりのお休みです。今日も快晴で気持ちよく洗濯物を気持ちよく干せる日です。

もうすぐ梅雨をむかえるのでその前に、布団干しや洗濯も出来る時にやっておきたいですね。

今日も一日有意義にがんばっていきたいですね!

さてテレビのCMを見ていて気になるCMがありました。

それも飴で作った金魚?ほんとうに美しすぎて見とれてしまうものでした。やっぱり日本の職人は繊細だなと著者は感じました。

TVのCMでも語っている手塚新理さんについて調べてみましたので、是非読んでみてください〜。

スポンサードリンク

手塚新理(飴細工職人)のCMと、経歴とは?

気になったきっかけのCMはこちらです。まだ見てない人は是非。

とっても美しいですよね。

思わずみとれてしまいます。

手塚工藝株式会社代表の手塚新理さんとは?

1989年 千葉県生まれ。幼少より造形や彫刻に勤しみ、あめ細工アメシンとして全国各地にて製作実演や体験教室、オーダーメイド等を手掛けてきた、日本随一の技術力を誇る飴細工師。
2013年、東京浅草に飴細工の工房店舗「浅草 飴細工アメシン」を設立。現在、7名の弟子を抱える。

出典:http://www.ame-shin.com/member/

以前、飴細工が「命が宿ったよう」「食べるのがもったいない」とネット上でも非常に話題になっていました。

飴が冷めるまでの約3分間で仕上げる匠の技。作っている手塚新理さんの前職は花火職人で、飴細工は独学で身に着けたそう!

独学でこの技術力、、すごすぎます。

勝手な想像ですが、花火も繊細さが大事だと思うので、そこは共通しているところなのでしょうか。

またここに行き着くまでの半生がすごい。

手塚さんは地元の千葉の高専の機械科に進んだのち、ものづくりの基礎を学んでいました。

19歳のときに「刺激が足りない」と花火師になることを決意

火薬の製造や取り扱いに関する資格をとった上で、卒業後に県内の花火屋に入ったそうです。

著者も高専を出ましたが、ほとんどが大学や工業系の会社に就職していました。そこから考えると、工業から花火師への道を進むことは異例中の異例だと思います。
しかし、海外製が増える現状に「目指すものが違う。もっとごまかしの利かない世界に挑戦したいと」と2年ほどで退社。

他の花火師から「一緒にやらないか」と誘われましたが、「自分は何がしたくて、何をすべきなのか整理したい」と断り、貯金を切り崩しながらの生活が始まりました。

いわゆる自分で自分を見つめ直し、自分の道を進むためにそういった何もしない時間をあえてつくったのですね。

そこでついに飴細工の世界と出会います。

調べたところやっている人は少なく、

「この人のもとで学びたい」と思える人がいなかったそう。

半年ほど家に引きこもり、飴づくりに関する文献やインターネット上の情報をもとに

独学で技を磨きます。

今の時代ならではの独学方法ですね。

ホームページを立ち上げて、企業のイベントなどで実演することから始めました。

その後、作品はツイッターなどを通じて話題になり、手土産用に買ってくれるリピーターも増え、浅草の観光客も足を運ぶように。

また、海外からの問い合わせも増えて、先日はニューヨークで作品展示や体験教室を開きました。

飴細工は江戸時代以前からあるストリートカルチャーで、時代に合わせて進化してきました。伝統工芸としての価値にぶら下がっていても衰退するだけなので、千年先を見据えて作っています

伝統を残すのではなく、自らが発展させていくという思いが溢れています。

この想い、まさしくしびれますね(笑)だからこそこういった美しい作品が出来るんですかね?

本質的な思考だなと感じます。

スポンサードリンク

この透明な美しさ、本物を超えるリアル、本当に飴なのか?と思ってしまいますね。

お店の名前はアメシンで、代表も務めています。

お店は浅草とスカイツリーのソラマチにお店があります。

浅草は風情があり、ソラマチは最先端の場所、その両極端にあるのはなんとも不思議ですね。

■浅草 本店工房

営業時間:11:00〜18:00

〒111-0024
東京都台東区今戸1-4-3 1F(今戸神社前)

アクセス:各浅草駅より徒歩約10分〜15分

■東京スカイツリータウン・ソラマチ店

〒131-0045
東京都墨田区押上 一丁目一番二号
東京スカイツリータウン・ソラマチ4階 イーストヤード11番地

最寄り駅:東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅、都営浅草線・京成押上線・東京メトロ半蔵門線 押上駅

営業時間:10:00~21:00

以前インタビューを受けている浅草チャンネルには本店の様子も伺えます。

東京にいったらお店には絶対いかないとですね!早く行きたい!

購入方法や費用は?

気になる購入方法や費用を調べてみました。

やっぱり誕生日プレゼントや、記念品とかで渡すと絶対喜ばれますよね。

どうやらソラマチの方では購入も可能だそうです。

浅草のお店では、予約制で体験教室に参加できますが販売はしていない。
作ったり、鑑賞したり、休憩したりする店舗で、休憩場所としてカフェのようにも運営しているようです。

ソラマチのお店では、飴細工を作る様子を見ることができたり、
購入することもできます!

気になる費用やネットでの反応は・・・

ソラマチ限定のうちわ飴もあるそうです。これはいい!

その気持ち分かります。ずっと飾っておきたい気分・・・

飴と考えると高いなって思ってしまいますが、観賞用やプレゼントと考えると安いなって思うのは著者だけ?

海外での評判は?

海外サイトのAdvancedAquaristでは、
手塚氏の作品を

「細部に至るまで完璧に造形されており、畏敬の念を抱く」と紹介している。

欧米では2次元のシュガーアートが一般的であるため、

このような3次元の作品に驚かされたとのこと。

本物を超えたハイクオリティで、美しすぎます。

食べるのがもったいないですよね。

今は東京にしかお店がないですが、全国的にももっと広がってほしいですよね。