ANA37便(NH37)で緊急事態宣言!その原因は?同じ日に起きた事故との共通点は?

こんばんは

ほだかです。

さきほど緊急事態宣言(スコーク7700)が出て、羽田発伊丹行きのANA37便が急遽引き返すといったニュースが飛び込んできました。

どうやら無事だったようですが、機内では酸素マスクが降りてきたりといった状況だったそう。

無事で何より。

一体何がおこったのか、そして原因は何なのか?またネットで騒がれている奇しくも同じ日とは…?調べてみました。

スポンサードリンク

ANA37便に一体何が?

また乗客が書いたものなのか、確実なものなのかの定かではありませんが、

機内にいた方がすぐ投稿した内容が残っていました。

こんにちは、ぼやきです。

ANA37便 羽田18時発に搭乗したところ、1824頃の離陸の際にバンと大きな音がし、その後の上昇中も振動がシートに伝わる状況でした。

上昇を続けるうちに大きな音と振動は収まりましたが、鼓膜がカチカチ音がして痛みを感じました。

また暖房のような生暖かい風を感じたら降下している感じになったところで、「緊急降下中、マスクをつけてください」とのレコードアナウンスとともに、急に酸素マスクが下りてきました(汗)。

f:id:okamilernoboyaki:20170812185606j:image

個別のアナウンスは一切ありませんでした。

数分経過し、1836頃に客室からの機内アナウンスが入り、その後機長からのアナウンスで、

・与圧系の異常

・安全高度になったのでマスクを外して可

・羽田に引き返す

との説明があり、その後客室乗務員から乗客に右手をあげるように指示があり、意識確認をしてまわっていました。

プラスチックが焦げるような匂いもしてきました。

高度が下がってもかなり耳が痛いです。。。

1850羽田に無事に着陸。

まだ機内で待機です。

取り急ぎのレポートでした。

出典元:http://www.okamilernoboyaki.com/entry/2017/08/12/185612

ネットでの投稿をまとめると

何らかの原因によって与圧系統の異常によって緊急事態宣言を出して、羽田に戻ったということに。

ネットでは無事で良かった、何よりといった投稿も目立ちます。

著者も、本当に何事もなく、無事生還できて良かったなと思います。

スポンサードリンク
乗客の方もこんなツイートを残されています。

よく機内で出発前にいろいろと非常用機器の説明がありますが、

今後はちゃんと聞かなきゃなと思った著者でした。

原因は一体何?

先ほどの乗客の方の投稿で、

18:24頃の離陸の際にバンと大きな音がし、その後の上昇中も振動がシートに伝わる状況でした。

とありましたが、これが原因によるものなのでしょうか?

プラスチックの焦げるような臭い

というものも気になります。

調べてみたところ、まだANAからの正式発表もなく、今の時点では全く分からないので、

今後会見などがあればその情報を随時アップしていきたいと思います。

奇しくも同じ日に起きた共通点

ネットでも囁かれていますが、32年前に起きたJAL123便と共通点があまりに多くて、

怖い、といった声がたくさん上がっています。

今後の情報についてまた随時内容がわかれば更新していきたいと思います。

ひとまず無事で何よりです。

本当に心から胸をなで下ろす出来事でした。

ご一読いただきまして誠にありがとうございます。