ミライモンスター鈴木寛典(フライボード)の出身高校や彼女は?偉大な兄とはどんな人?

こんにちは!!

お久しぶりです。ほだかです。

最近仕事が忙しすぎて全然ブログを更新できてなくて困ったもんです。

なんだか目の方一方が充血してきて眠い日が続いています。

やっぱりお休みをとるのって大事ですよね。日曜日は一日予定を入れずにゆっくり

休みたいと思います。

さて日曜日といえば、ブログでも何度も登場しているミライモンスターの放送日ですよね。

毎週日曜日、フジテレビ系列11時15分~11時45分で放送されている、

未来に輝く「金のタマゴ」応援ドキュメンタリー番組。日本の未来を担い、近い将来「怪物」

と呼ばれる可能性を秘めた「金のタマゴ」たちを、体当たりで取材していく番組です。

この番組大好きなんですよねー!!

毎週生きがい・・・とまではいきませんが(笑)、若者が頑張っている姿を見ると、とっても

活力になります。

さて今週日曜日放送のミライモンスターではフライボードで大活躍中の鈴木寛典

(すずきかんすけ)選手を取り上げています。

早速、著者も気になった事があったので調査してみました!

スポンサードリンク

フライボードとは?

フライボード(水圧で空を飛ぶ)

フライボードは、2012年にフランスから始まったまだ新しいマリンスポーツです。

CMなどで話題になり、今や注目度No.1とも言えます。

フライボードの仕組みは、水上バイクから噴出される水を、ホースを通してボードの

下部から噴射し、その水圧によって空に浮くという仕組みです。その独特の浮遊感は、

まるでSF映画のようでもあり、体でバランスを取りながら上下左右に

自在に動き回ることも

可能です。まさに新感覚のアクティビティといえます。

上級者ともなれば、約10mの高さまで上がったり、イルカのように

水中に潜って再浮上したり

といった大技も自由自在ですが、初心者の方でも10分から15分程度で

飛ぶことはできます。

フライボードは、一見難しそうに見えますが、実際はどなたでも安心して

簡単に楽しむことができるので是非チャレンジしてみましょう。

出典元:http://activityjapan.com/search/flyboard/

こちらはガチャピン・チャレンジでフライボードをやっている映像です。

これを見たらあー、見たことあるー!って思う方も多いと思います!

にしてもガチャピン、なんでも出来るなんてうらやましいです笑。

その運動神経どうなっているのか・・・笑

このフライボード、まだまだ新しくて最近登場したスポーツ。

見ていると格好いいなーと思わずおもっちゃいます。

今回ミライモンスターに登場するのは、鈴木寛典さんです。

全日本フライボード選手権大会で優勝した実力の持ち主。

まだプロフィールも公にあまりなっていない方ですね!

これからスポーツが注目されることによって、さらに鈴木さんへの注目度が上がってくるでしょうね!

出身地は、静岡県湖西市だそうです!

出典元:http://www.asahi.com/articles/ASK6955GBK69UTPB00W.html

なんともダイナミックで迫力ありますね!是非生で見たい。

この写真は、まさに鈴木選手が空中にて身軽に身のこなしを披露する写真で、

6月24日25日に浜名湖西部の湖西市・松見ケ浦で行われた様子。

技の連続性や正確性を極め、昨年の全日本フライボード選手権で日本一に輝いた実績が

あります。

スポンサードリンク

出身高校は?

あまり彼の情報がありませんでしたが、調べてみたら與誠高等学校という事が

出てきました。

静岡県内の学校ですかねー?

今はベルマリンという浜名湖湖畔に位置して、マリンスポーツを提供している会社(実家)に

所属しているようです

これは父が22年前に開いたお店で、鈴木の実家はマリンスポーツや船の整備などを扱う店

を営んでいる。

ベルマリンでは、欧米で大人気のフライボードを日本上陸当初より取り扱っている。

水圧を利用して空を飛べる不思議体験、すでに多くのお客様に楽しんでいただきました。

まるで映画の主人公になったような気分で、自由自在に空を飛ぶことができます!

おもしろそうですね!

彼女は?

彼女がいるかどうか調べてみました!

格好いいし、イケメンである彼。

Facebookからも調査すると、どうやら彼女がいるもようです!

そりゃ格好いいし、もてるよなーっと思います。

結構笑顔がキュートな彼女との写真とかも上がっているようなので気になる人は

要チェックですね!

偉大な兄とは?

番組の紹介にも出ている偉大な兄とは?この兄とは、

鈴木基晃(もとあき)さん。

お兄さんは実は、2014年大会王者にもなっています。

2014年10月19日沖縄にて行われた大会では、

兄弟ともに、
鈴木基晃選手 優勝
鈴木寛典選手 5位入賞

と二人とも好成績を残しました!

すごい兄弟ですね。

父の影響があったのでしょう。日本上陸当初からフライボードを扱っていたとのことなので、

この父の存在が二人にフライボードへの魅力を感じさせ道を広げる事になったのではないかなーって思います。

専用の器具を脚に装着し、水上バイクにホースをつないで水圧で飛ぶ、
フライボードは、その高さが10mにも達するそうです。

高いバランス感覚が必要とされる。それと同時にただ飛ぶだけではなく

ジェット噴射を駆使し、縦横無尽に回転したり連続技を繰り出さないといけないスポ−ツで、

2011年にフランスで産声を上げるやいなや瞬く間に競技会が開催されるまでになったと。

フライボードを有名にして実家にお客さんを呼び戻したい

その思いで練習にあけくれていたそうです。この思い、すごいなーって思います。

しかし、コーチもいなければ練習法も知らない中で

初めは立つことすらできなかったのですが、

海外選手の動画を頼りに独学で技術を身に付けるしかなかった中で、

日本の頂点へたどり着く事が出来るようになりました。

兄も、弟も、同じフライボードのスポーツで自らの限界に挑んでいる様子です。

今後さらにスポーツに注目が増えて、二人のインタビューや特集も増えてくると人となりが

どんどん分かってくるようになるかと思います。

今後も、楽しみに応援していきたいと思います。

ご一読いただきまして誠にありがとうございました。