最年少プロ棋士藤井聡太が17連勝目前!いくら稼いでいるのか?調べてみた

こんにちは!

ほだかです。

著者は昔、将棋にはまりにはまっていました。

子どもの時の事とはいえ、懐かしいものです。

詰め将棋を本を買って一人で指しているという事をしてましたが、

そのおかげでじっくり考える能力が身に付いたように感じます。

先の先まで読もうとする力が、将棋では重要になってくると思います。

(もちろん他にもいろいろな力が必要になってくるかとは思いますが・・・)

今日はそんな将棋界で革新を続けている藤井颯太さんについて書きます!

スポンサードリンク

もう連日ニュースになっており知っている方も多いかと思いますが、

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太(ふじいそうた)四段が先日5/4になんと、

自身の持つデビュー後の連勝記録を「16」に更新されたそうです。

す・・・すごい!

出典:日刊スポーツ 5/5(金) 10:04配信

過去中学生でプロになった棋士は、過去にたった4人しかいないそうです。

今までのプロ棋士最年少記録は、アウトデラックスへの出演で知られる

現役最年長の加藤一二三(かとうひふみ)九段が、62年前に記録した14歳7カ月。

羽生善治3冠でも15歳2カ月。

藤井聡太が5歳で始めた将棋は、小学1年生の終わりにはアマ初段になり、3年生で

「全国小学生倉敷王将戦」の低学年の部で優勝したとのこと。

8歳の時から天才と呼ばれていたそうです。

小学校4年生になると将棋プロ養成所“奨励会”に入会。

その後、藤井聡太は杉本昌隆七段に弟子入りし4年でプロに。

すでに三段の時からかなり強かったと聞きます。

プロフィールについて

分かる範囲の情報でまとめてみました!


出典:スポーツ報知 

出身地:愛知県名古屋市

在籍中学校:名古屋大学教育学部附属中学校

生年月日:2002年7月19日

数字の暗記が好きだそう。

“極端に負けず嫌いな性格”と、ドブに落ちてしまうほどの“集中力”があるそうで、

お風呂でタイルをもとに将棋を考えていてのぼせた事もあったり、

教室で志村けんが話題になると知らなかったりして、将棋だけに夢中になっていた

事を明かすエピソードもあります。

因に、芸能人で知っているのはタモリとアッコ。他の有名人は全く知らないそうです。

スポンサードリンク

一体いくら稼いでいるのか?

竜王戦ランキングで、今回の勝負に買って17連勝になると90万円の賞金、

次回を負けても20万円の賞金となるそうです。

まだ一年目なのにもう稼げるのか?と確認しましたが、実力の世界。

賞金などは問題なく、一年目でも受け取りができるそうです。

ちなみに羽生善治3冠でも、年間1億円ほどだそう。

羽生3冠を打ち負かしたとのことなので、このまま連勝を続けて頂点を目指してほしいなと思います!

がんばって欲しいですね。

「序盤から感覚をつかめずにいた。なんとか勝ててよかった」。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-01818311-nksports-soci

対局を振り返りこう語っています。

また、歴代連勝記録24連勝丸山忠久さんの記録を聞かれたところ、

高い目標ではなく、目の前の一局一局を勝っていきたい

という風的な事を語っていました(うる覚えですいません)

一局一局、目の前の事とちゃんと向き合っているなと感じます。

出典:https://www.pakutaso.com/

なんとか苦戦しながら、アマの強豪を破りました。

あと2局を勝ち上がれば、決勝の3番勝負を制すれば史上最年少の新人王となる。

将棋の世界は、なかなか注目されずらく

女流棋士の容姿端麗さや、ネットでカンニングしていたニュースなどのニュースが最近取り上げられていましたので、

そんな将棋界に新しい風を起こす事になるのか?

連勝16自体は歴代連勝記録では単独11人目、ベスト10入りまで

あと「1」に迫っています。

次戦は、12日の王将戦予選で西川和宏六段と

対戦する予定だそうです。

個人的にもとっても楽しみです!これからも要チェックですね!!!!

藤井聡太さんの活躍を心から応援します!