JTのCMで流れるNMB山本彩と共演している男性ピアニストは誰?

こんばんは

ほだかです。

実は最近著者は大阪から沖縄に引っ越して来ました〜!(突然)

突然のご報告となり、すいません。。

沖縄は暖かくて最高です!全体的にゆっくりしていますし、

今でも暖かくて半袖で過ごしたりしています。

でも最近は風が強くて寒い時もあるので、そういう時は長袖を着て基本的には過ごして

います!

暑すぎるのもどうかな〜っと思いますので、今の過ごしやすい時期を楽しみたいと思います!

さて、今日は先日たまたま見たCMでとっても感動しちゃうCMがありました!

見た方も多いのではないでしょうか?

こちらです。

何だか心がほんわかする、あったかくなるCMですよね〜

のほほんとなります。

NMB山本彩さんの歌唱力もさることながら、ピアニストの男性の方もすばらしい演奏ですね!

著者は失礼ながらこのピアニストの方を知らなかったので、調べて見ました。

他にも知らない!どんな人?って気になっている方がいらっしゃいましたら是非、

ご覧ください。

スポンサードリンク

調べて見たところ、

ピアニストの男性の方は、辻井 伸行(つじい のぶゆき)さんでした。

辻井 伸行(つじい のぶゆき)さんのプロフィールは?

名前:辻井 伸行(つじい のぶゆき)

生誕:1988年9月13日

出身地:東京都豊島区

学歴:東京音楽大学付属高等学校卒業、上野学園大学卒業

職業:ピアニスト、作曲家

ジャンル:クラシック音楽、現代音楽、付随音楽

2009年、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、チャン・ハオチェンと共に

優勝した。日本人として同コンクール初優勝者を飾りました。

このコンクールでは、今まで日本人入賞者が3人しかおらず、これまで1969年の

野島稔さんの2位が最高でした。

このコンクールはそもそも難しくて、課題曲をソロから室内楽、協奏曲までと、

大量の曲を演奏しなければいけないために、相当な技量が必要なのです。

そんな中、ファイナル出場どころか優勝を飾った辻井さん。

歓喜に沸いたそうです。

出生は、東京都豊島区出身で、産婦人科医の父と元アナウンサーの母のもとに生まれます。

出生時から眼球が成長しない「小眼球」と呼ばれる原因不明の障害を負っていたそうです。

筑波大学附属盲学校(現在は視覚特別支援学校)小学部を経て、

東京音楽大学付属高等学校(ピアノ演奏家コース)を卒業しました。

かつて、お母さんが料理中に歌っていた曲を、その歌に合わせて同時にピアノを弾いていたというエピソードもあるようです。

これは2歳7ヶ月の時の映像ですが、鍵盤をほぼ見ずに歌を聴きながら音を奏でている姿は、圧巻です。

これまでに、増山真佐子、川上昌裕、川上ゆかり、横山幸雄、田部京子に師事している。

上野学園大学卒業。2013年には、(平成25年)日本ショパン協会賞を受賞する。

スポンサードリンク
テレビの挿入歌なども手かげており、2011年フジテレビ系木曜劇場『それでも、

生きてゆく』の劇中音楽や、同年櫻井翔主演の映画『神様のカルテ』のメインテーマ、

2012年のNHK紅白歌合戦にも出演。

2016年にはNHK大河ドラマ『真田丸』で、「真田丸紀行」の音楽「ピアノ・ソロ編」

と「ヴァイオリン&ピアノ編」の演奏も担当しました。

これほどに活動の幅を広げている辻井さん。

テレビ朝日でも取材され、報道ステーションやニュースステーションなどでも通じて、

活動を紹介されている。

こんなに活躍されているのに知らなかった著者は恥ずかしい・・・(´・ω・`)

辻井さんが今を活躍されているNMB山本彩さんと一緒にピアノ演奏として

CMに出演することで、またたくさんの人に辻井さんの素晴らしい演奏を聞いてもらえる

きっかけができて良かったな、と思います。

著者は盲目の病気については詳しくは知らないですが、同じ盲目の病気で子育てで

悩んでいる父や母、本人にとっても、辻井さんは一つの光になっているような気がします。

これからも辻井さんの活躍を心からお祈りしています!