ミライモンスター金戸凛(飛び込み)の中学はどこ?母の国籍は韓国?かわいい画像も

おはようございます!

お久しぶりです、ほだかです!

最近仕事が忙しくなってきて、なかなかハードな日々を過ごしています。

ただ私生活でハッピーな事もあったので、日々嬉しい事や発見もあります。

さて今日はそんな日々の中での毎週の楽しみとも言えるミライモンスターという番組。

いつも、これからの世界に羽ばたくような若手選手を取り上げる「金のタマゴ」応援

ドキュメンタリー番組。日本の未来を担い、近い将来「怪物」と呼ばれる可能性を秘めた

「金のタマゴ」たちを、体当たりで取材していく番組。

今日は2017年7月9日に放送される「ミライ☆モンスター」(日曜11時15分~フジテレビ)

出演する飛び込みの金戸凛さんについて特集していきます!

スポンサードリンク

金戸凛(かねとりん)のwikiプロフィールは?

金戸 凛(かねと りん)

生年月日:2003年7月18日

出身地:東京都

身長:150cm

体重:40kg

祖父祖母そして父母がすべて高飛び込みでオリンピック出場歴のある家庭に生まれ育つ。

幼少時よりトランポリンやバレエを学ぶ。

2017年2月の国際大会派遣選手選考会(東京辰巳国際水泳場)に出場し、

3メートル板飛び込みで300.5点を記録してトップとなりました。

父方の祖父はローマオリンピック・東京オリンピック代表の金戸俊介、

父はソウルオリンピック・バルセロナオリンピック・アトランタオリンピック代表の

金戸恵太、母も同じ3つの大会で代表だった金戸幸(旧姓・元渕)。

姉・兄も高飛び込み選手です。

このように、親子3代に渡って、飛び込みの競技をやっているなんて珍しいですよね。

にしても親子3世代オリンピック代表というのは、その重圧やプレッシャーも幼い頃から

あったんじゃないかなと思います。

よく芸能人の2世や3世は小さい頃から、親と比較されてしまい、自分のたどりたい道を

進めないケースがあると聞きます。

卓球の福原愛選手も妊娠後に、自分の子どもには卓球選手であることを明かさずに

温泉卓球とかでびっくりさせたいとも言ってましたよね。

それくらい親が子に与える影響は大きいものなんだな、と思いました。

子には子の望む生き方をして欲しいですものね。

ただオリンピックなどには狙っても出られるものじゃないので、生まれもったセンス以上に

途方もない努力があったのではないかなと思います。

そういった陰ながら努力している所もミライ☆モンスターの番組で触れてもらえると嬉しいですよね!

彼女は小柄ながら、飛び込み界にて
オリンピック出場&メダル獲得を期待されています!

スポンサードリンク

気になる中学はどこ?

中学を調べてみました!

中学は、私立日出中学校に通っています。

見てみると、芸能活動と両立している方が多いような印象を受けます。

卒業生のコメント見ると、忙しくて学校を休む事が多い学生も、先生が熱心に補講してくれる

そうです。

おそらく金戸さんも忙しい日々の中で中々学業との両立が難しいのでこの学校に通っていた

理由の一つではないかなと思います!(あくまで推測ですが)

それにしても、中学一年生の時にオリンピック代表選手以上の得点を

叩き出すって出来る事じゃないですよね。すごいなーって思います。

母の国籍は韓国?

検索のキーワードで出てくる”韓国”。

ネット上では母の国籍が韓国じゃないかという噂があるようです。

確かに韓国の場合は「金」が名前に入ってくることも多いですね。

ただこちらを調べたところ、正確なものではなく、あくまで噂でした。

母は幸さん(旧姓:元渕)で、プロフィールを調べてみました!

【生年月日】 1968年12月23日

【出身】 奈良県

【学歴】 天理大学

【過去のチーム】 天理ダイビングクラブ

【身長/体重】 158.5cm/49kg(過去データ)

ソウルオリンピック 高飛び込み15位 飛び板飛び込み16位

バルセロナオリンピック 高飛び込み26位、飛び板飛び込み11位

アトランタオリンピック 3m飛び板飛び込み 6位入賞

出典:http://shinn-enn.com/archives/3760

お母さんは、日出高校の体育教師としての活動と、旦那さんの金戸ダイビングクラブでの

選手の育成をしていたようなんです。

だから日出中学校からの中高一貫の中学に入ったのかもしれませんね!

中学1年生にしてこの実力。

今後どのような選手になってどんな成果を残してくれるのか、本当に頑張って欲しいです!

プレッシャーに負けず自分と向き合いながら自己ベストをたたき出して欲しいですね。

今後も応援しています!!

ご一読いただきまして誠にありがとうございます。