月曜から夜ふかしウミネコがいすぎる神社の名前は?場所と拝観料も調査!

こんにちは〜。

ほだかです。

さて今日はつかの間の休みで、明日からいよいよまたあつーい一週間が始まってきますね。

楽しみはというと、深夜番組くらいしかありません;笑。お盆になるとまた特番が

始まりますね。

明日放送の月曜から夜ふかし(23時59分~24時54分・日テレ)で特集されるコーナーの中で、

個人的にも好きなコーナー大人気コーナー「○○すぎる○○を調査した件」があります。

これが面白いんですよね〜。週明け月曜日からも頑張れそうです!!

さて今日はそのコーナーの中で、ひときわ興味を惹かれたウミネコがいすぎる神社

について名前・場所・拝観料など気になることを調べてみました!!!!

スポンサードリンク

ウミネコがいすぎる神社の名前は?

ウミネコがいすぎる、って想像しただけで恐ろしい光景なのじゃないかな?と思ってしまいますよね。

その前にウミネコを総復習!

ウミネコとはチドリ目カモメ科カモメ属に分類される鳥類。

全長44-48センチメートル。翼開張120-128センチメートル。

体重0.5-0.6キログラム。頭部や体下面の羽衣は白、体上面の羽衣は黒灰色。

尾羽も白いが内側尾羽10枚の先端付近が黒く、英名(black-tailed=黒い尾をした)の

由来になっている。翼上面は黒灰色。

初列風切先端は黒く、先端に白い斑紋が入る個体もいる。

嘴は太く頑丈。種小名crassirostrisは「太い嘴の」の意。

嘴の色彩は黄色で、先端が赤くその内側に黒い斑紋が入る。後肢の色彩は黄色。

幼鳥は全身が黒褐色の羽毛で被われ、肩を被う羽毛や翼上面の外縁(羽縁)が淡褐色。

虹彩は黒い。嘴や後肢の色彩はピンク色を帯びた淡褐色で、嘴の先端は黒い。

夏季は後頭が白(夏羽)、冬季は後頭に灰褐色の斑紋が入る(冬羽)。

岸部や河口、干潟などに生息する。近年、東北地方の内陸部での記録も増えている。

減農薬の水田が増えたからと考えられている。

和名は鳴き声がネコに似ていることが由来とされる。
食性は雑食で、魚類、両生類、昆虫、動物の死骸などを食べる。

他の鳥類が捕らえた獲物を奪う事もある。

出典元:wikipedia

著者もみたことはありますが、あんまり近くまで寄ったことはないし、最近は見かけなくなったかな?とも思います!

そんなウミネコが大量発生する神社の名前は?気になりますよね〜。

スポンサードリンク

神社の名前は「蕪島神社」

それがこの神社です。場所は八戸で、〒031-0841青森県八戸市大字鮫町字鮫56-2

ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている蕪島の頂上に、

自分の人気運向上や金運向上にご利益があるといわれる「かぶあがりひょうたん御守」

有名になった蕪嶋神社があり、観光客で賑わっています。

また参拝中にウミネコのフンをかけられた方は、「ウン」が付いたとして

「会運証明書」を発行してもらえます。

この白いのが全部ウミネコみたいです!

この数の多さ、驚きですよね。

遠くから見るとこんな感じです。

GOOGLEマップですと、こんな周囲を海に囲まれた場所にあります。

実は、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている「蕪島」(かぶしま)。

毎年3月から8月頃まで、ウミネコが飛来し子育てを行います。

その数は3万羽から4万羽と言われ、島がウミネコで埋め尽くされるほどなんだそうです。

八戸では、ウミネコは漁場を教えてくれる蕪嶋神社の弁財天の使いとして、古くから大切に

されてきました。人を恐れず、間近で観察させてくれるウミネコたちと戯れながら、

昔の漁師の暮らしに思いを馳せるのもいいでしょう。

「蕪嶋神社」は、弁財天を祀り、漁業安全や商売繁盛、芸能などにご利益があるとされて

います。その創建は永仁4年(1296)。江戸時代には八戸南部藩主の庇護を受け、

南部氏の家紋「向かい鶴」を社紋として使用することを許されるなど、

古くから八戸地方を見守ってきました。

蕪嶋神社の社殿は平成27年11月に発生した火災で焼失したため、蕪島の入口に

仮の拝殿と社務所が設けられています。もし、ウミネコに「ウン」をつけられたら、

蕪嶋神社の社務所へ。「ウン」が開けるかもしれません。

となんともユニークなくだり。

しかし写真であるように、蕪嶋神社再建工事中のため、

蕪島島内(頂上)及び蕪島前広場の一部への立入が制限されています。(2019年12月頃まで)

残念ながら一部立ち入りが制限されています。

ですが、制限されている今こそ、観光客が少ない時期にゆったりと見れるのではないでしょうか?

拝観料は無料で、駐車場も無料。しかし、近いところにとめると

車が糞の被害にあってしまうので、要注意です♪

是非東北に行く際には立ち寄ってみたい場所です!

ご一読いただきまして誠にありがとうございます。