松山英樹(ゴルフ)の2017年の年収を予想してみた!プロフィールや経歴も

こんにちは!

ほだかです。

今日は山の日で、祝日ですね。

著者は登山大好きなので、昔はよく山にのぼりにいってました。

富士山には、約6回くらい登ったことがあります。

やっぱり自然の中に囲まれて、身体を動かすことは気持ちいいですね。

登山と同じくらい興味あるのがゴルフです。

宮里藍選手や、石川遼選手なんかも非常に有名でその時からゴルフに興味はありました。

その興味のポイントは、ゴルフ自体の奥深さと、もう一つは年収などの収入の面でです。

今日は、その中でも米国ゴルフ界で若くして25歳で世界のベストゴルファーに選ばれた

松山英樹(まつやまひでき)さんについて今回調査してみました!

それではどうぞ!

スポンサードリンク

松山英樹さんのプロフィール

名前:松山英樹(まつやまひでき)25歳

生年月日:1992/02/25

血液型:B型

出身地:愛媛県

体重:89.8kg

出身大学:東北福祉大

プロ転向:2013年

ゴルフを始めたのは4歳の時。

姉と妹がおり、石川遼とは同学年で、ジュニア時代からしのぎを削ってきた。

2010年の「アジア・アマチュア選手権」で優勝。

2011年の「マスターズ」で27位に入り、日本人初のローアマチュアに輝いた。

同年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」を制し、倉本昌弘、石川に続き3人目のアマでの

ツアー制覇を達成。プロ転向後は2戦目の「つるやオープン」で早々と優勝。

シーズン4勝を挙げ、2億円超えでツアー初のルーキー賞金王となった。

14年から米国を主戦場とし、「ザ・メモリアルトーナメント」で初優勝。

16年には「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」で2勝目を挙げた。

同年の「日本オープン」で国内メジャーを初制覇。2週間後の「WGC HSBCチャンピオンズ」

で日本人として世界選手権を初めて制す。

17年の「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」で大会連覇を達成。

丸山茂樹を抜き、日本勢最多勝利数となる米ツアー通算4勝目を挙げた。

出典元:http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/6607/

すごい経歴ですね。

それで若干25歳とか驚きます(汗)

子どもが出来たらゴルフ選手にさせてあげたいくらいです。

4歳からって、、、早すぎ!ドライバーとか持てたのかな?って思いますが。

まあ勿論始めるのが早くてもプロになれる人自体限られているのでしょうが…

スポンサードリンク

2017年の年収は一体いくら?勝手に予想!

2017年2月時点での賞金額は

約440万米ドル(つまり日本円に換算して)なんと5億円。

 
2016年の松山英樹選手の賞金額こそ約7億円だったことを考えると、

2017年ははるかに超えていきそうですね。

そして実はスポンサー契約こそ、年収飛躍的アップの一つ。

スポンサー契約が今現在9社ほどあるわけですから一つ低く見積もって1億円としても

合計9億円以上!!

サラリーマンの生涯労働年収が約3億円なのでたった

一年間でどれだけ稼いでいるのか・・・!?

CMやテレビの出演料についても、

CMでは一本1億円、テレビ番組では一本150万円ほどギャラが出ているんじゃないか?との噂も。

過去2016年のイ・ボミ選手でも2500万円、石川遼選手で4000万円のCMのギャラ

だとしてもおおきく差が出来ていることが分かります。

契約更新をしたスポンサー企業などもあるので、ここからさらに上昇していく

可能性もありますので、

あるサイトではもしや20億円は堅いのではないか?と記載しています。

今はあまり成績がよくない石川遼選手と比較すると、

石川遼選手は早くから人気があったためにスポンサー契約が何社もあり、金額がこれまた

サラリーマンが見たら会社を辞めたくなる金額です。w

もちろん年収がすべてではなく、仕事にはやりがいがありますので、お金だけを切り取って

仕事の善し悪しを語れませんが、お金があると選択肢が増えますし生活するのに必要なので、

あって損はないですよね!

賞金獲得総額は約1億円程度ですが、スポンサー契約で年収が10億円ほどあるのだそう

です。

松山英樹選手は、実はゴルフ以外の事には感心が全くなく、

メジャー大会での優勝を目指している性格の持ち主。

石川遼選手との一番の違いは何かと聞かれると体幹の違いでしょうか。

そして石川遼選手は、スイングをいじりすぎてしまう事や、

周りのマスコミに対しての対応なども批判をあびています。

そういったところを修正していけば、今は日本で成果をあげていますが

アメリカでも成果を上げられるようになるんではないか?との予測もありました。

うぬぬーー、、難しいですね。

でも、謙虚であることは一見スポーツに無関係に見えますが、成功者の多くは

謙虚さや素直さを兼ね備えていますよね。

松山英樹さんのプレーに対する姿勢から学ぶこともたくさんあるんじゃないかな〜と

思います。

ご一読いただきまして誠にありがとうございます!!