三國清三(情熱大陸)オテル・ドゥ・ミクニの店舗の場所は?予算や評判、口コミも!

おはようございます。

ほだかです!!

昨日は今住んでいる町内会で、盆踊りがありました。

地元の盆踊りっていいですよね〜。

なんだか、ほんわかしますよね(*´ω`σ)у口

普段はあまり人がいない公園に、たくさんの人が集まって、みんなで盆踊りをする。

残念ながら花火は見れませんでしたが、子どもも大人も一同にその場所に集まっている、

なんだか、心がほっとなる場所でした。

やっぱり夏祭りっていいですよね!

そして盆踊りがあるってことは、もう夏の終わりだなぁとしみじみ。

今年の夏は、新しいことがいっぱいありました!まだまだ終わっていないけれど!

残り少ない8月を楽しみたいと思います。

今日は、情熱大陸(毎週日曜日23時00分~23時30分・TBS)で出演する琉球フレンチ料理

の旗手島袋司さんが出演されますが、その恩師でありフレンチ界の巨匠でもある三國清三さん

に、島袋司さんの琉球フレンチを初めて食べることになります。その師弟の緊張の密着映像が情熱大陸で放送されるともあって注目度が高まっています。

今回はそのフレンチ界の巨匠、三國清三さんについて色々と調べてみました!

スポンサードリンク

三國清三さんのwikiプロフィール

出典元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001109.000002213.html

名前:三國 清三(みくに きよみ)

生年月日:1954年8月10日

出身:北海道留萌支庁管内増毛町出身

家族構成:父・正(手漕ぎの漁師)、母・亮子(農家)の間に

7人兄弟の三男(兄2人、姉2人、弟2人、妹)として生まれる。

実家は半農半漁。

職業:洋食料理家、「オテル・ドゥ・ミクニ」等のオーナーシェフ、

「ソシエテミクニ」代表取締役。

日本フランス料理技術組合代表。称号(名誉学位)は美食学名誉博士

(仏トゥール大学)。北海道食大使、北海道白老アイヌ食文化大使。

フランス農事功労章オフィシェ章受章。政府・各種社団法人の委員・

理事等を務める

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/三國清三

経歴を見るとこれまた凄い・・・・

中学校卒業後に札幌・南16条の米店に住み込みで働きながら夜間の調理師学校に通う。

米店の紹介で得意先だった札幌グランドホテルにて修業を開始します。そして早くも

半年後には、中卒ながら正社員になる。

1971年に札幌グランドホテル総料理長・斉藤慶一に紹介状を書いてもらい帝国ホテルで

働くことになる。

1973年 20歳で帝国ホテル・村上信夫料理長の推薦により、

駐スイス日本大使館の料理長に就任されます。

大使館勤務のかたわら、フランス料理界で有名な「ジラルデ」のフレディ・ジラルデに師事。

1978年 大使館を退勤し、引き続きフレディ・ジラルデの元で修業。

1980年 三ツ星レストランの「トロワグロ」、「オーベルジュ・ドゥ・リィル」、

「ロアジス」、「アラン・シャペル」にて修業を重ねる。

1982年 日本へ帰国。市ヶ谷の「ビストロ・サカナザ」でシェフとして迎えられる。

そして、いよいよ1985年 に「オテル・ドゥ・ミクニ」を開業。オーナーシェフとなります。

こう見ていくと、ものすごいキャリアを歩んでいらっしゃるな、って思います!

凄いですね〜!!その先々もさらに様々な栄誉を獲得される訳ですが、2013年には

フランスのトゥール大学より「美食学」の名誉博士号を贈られたりもしました。

こうなってくると、どんな味なのか、直接お店にいってみたくなりますよね!

なのでお店の場所やネットでの評判なども確認してみました!

スポンサードリンク

店舗の場所や店舗情報は?

オテル・ドゥ・ミクニの場所を調べてみました!東京四谷にあります。

■アクセス・・・最寄駅JR・東京メトロ線 四ッ谷駅

■ジャンル・・・洋食/フランス料理

■営業時間  昼・・・12:00 ~ 14:30(LO)
夜・・・18:00 ~ 21:30(LO)

※( )内の時間はラストオーダーの時間です。定休日日曜の夜、月曜日

■駐車場・・・駐車場なし ※近隣にコインパーキング有

■席数・・・約80席(個室3室)

■ドレスコード・・・なし

■車椅子・・・ご利用頂けます。

■ペットの同伴・・・不可

■お子様同伴可・・・年齢制限:あり  子供メニュー:あり  子供席制限:あり
子供椅子:あり  時間帯制限:全時間帯可
小学5年生から入店可・なるべく個室が良い。

■店の雰囲気・・・木のぬくもりを大切にした本館は、部屋をつつみこむ緑豊かな自然の

しつらい、和やかな雰囲気の空間で三國の料理をゆったりと愉しんでいただけます。

1Fにはメインダイニング、2Fにはプライベートでお使いいただける個室、特別室が

ございます。

2006年春に新しく改築した新館は、南側に開放された吹きぬけから一年を通じて陽の光が

射しこみ、大きな窓から覗く桜や杉などの自然は四季折々の彩りを感じます。

人に優しい自然素材の木や布などをもちいたナチュラルカラーのインテリアは、

穏やかな中にも洒落た雰囲気を演出します。

出典元:https://restaurant.ikyu.com/100344/info/

予算については?

■ランチ・・・ 2,500円~11,300円

■ディナー・・・  4,800円~27,800円

おもった程低予算でも行けるって感じで、それほど高くないっていった印象ですね!

もちろんどちらも席だけの予約も出来るそうです。

今が旬の素材で表現されるコースメニューは、

産地はもちろん生産者にまでこだわった食材をとりいれて、なんと毎月変わるそうです。

古きを守り、常に新しいものにトライしていく。

自然と同化し、素材そのものが持っているチカラを生かしきる

「キュイジーヌ・ナチュレル」こそ、三國清三さんならではのフランス料理。

フランスのエスプリを込めたアラカルトは、フランスなどの土地に根ざした古典的な

料理表現を守りつつ、常に新しいものにトライしていく“新古典フランス料理”なんだそうです。

楽しみです〜!!なかなか地方から行くのは大変ですが、東京にいった時には

絶対よってみたいお店です!!

こういう美味しい料理の所で記念日のお祝いとか、まだの人はプロポーズとか出来たら

最高ですね!うんらやましい〜〜(=゚ω゚)ノ

口コミや評判も!

口コミや評判についてまとめてみました!

・コスパ最高のフレンチ。 味の濃さも量もちょうど良い。 初めてだと必ず行き着けない人が出るので待ち合わせるなりして行くのがオススメです。

お料理が美味しくお店の方たちも感じが良かったです。アットホームでカジュアルな感じです。

・日本フレンチ老舗。どの料理も安定している。ソムリエのレベルも高くワインと料理の相性も抜群です。

 ・四ッ谷駅からやや遠いが、自然が多く隠れ家的なレストラン。厨房脇を通してくれるなど小技が効いてる。コスパが非常に高い。サービスのレベルは一流。味も濃すぎず日本人好み。静かな時間と上質なサービスを楽しんでもらいたい。
・雰囲気が素晴らしく、料理も大変美味しく頂けます。記念日など特別な日に是非!
・駅から遠いですが閑静な住宅街にある落ち着いたお店。お店の外観も内装も素敵。お料理も美味しく、お店の心遣いが最高でした。
・さすがオテル・ドゥ・ミクニ。お料理が最高。またスタッフの方が本当に気が利かせてくださる。素敵なお店。
・有名シェフの隠れ家フレンチ 料理も雰囲気も素晴らしい
・スタッフの方の気遣いも素敵で、とても美味しく頂けました。
他にも残念な口コミとしてはスタッフのサービスや無愛想といった声もいくつか上がっていました。
もしかしたらとっても混んでいてスタッフの対応が間に合っていなかったのかもしれませんが、味に関してはかなりみなさん好評な印象を持ちました。
サービスに関しても料理を食べる上での大事なポイントですよね。
今後、こういった声を元に良くなってくれるのを望みたいところです!
ちなみに口コミの星の数としては4.3。かなり高ランクに位置していると思います。
立地に関しては、駅から遠いといった声が結構上がっていますが、味や雰囲気は最高!といった声も。
受け取り方は人それぞれですが、一つの参考の目安にしてみてはいかがでしょうか!?

まとめ

著者はまだ三國さんの料理を召し上がったことがないので、この記事を書きながら、
世界が絶賛するフランス料理を早く食べてみたいな〜と思いました!
そして今日の情熱大陸、そんな三國さんの弟子の島袋司さんの琉球フレンチと言われるものがお披露目されるので、ほんとーーーーに楽しみです!
さっそくお腹も鳴ってますw
早くお昼ごはんを食べたいと思います笑ヽ(^∀^*)ノ