蚊に刺される人と刺されない人の違いは?刺されない為に出来る3つのこと

こんばんは〜〜

ほだかです。

さていよいよ夏が迫ってきましたね。

夏といえば過ごしやすい時期でもありますが、同時にあったかくなってくるので虫の発生も増えてきますよね。

特に嫌なのはハエや蚊。特に蚊は寝ようとしていて、ブーンって近づいてきたら気が散って

寝にくくなっちゃいますし刺されるとかゆくなってしまうので、まず大前提として刺されたく

ないですよね(><)

その気持ち分かります!

でもかといって全く刺されない人もいますよね!?

刺される人と刺されない人の違いを調べました。また、刺される前に今から出来る対策を3つお伝えします!それではどうぞ!

スポンサードリンク

蚊に刺される人と刺されない人の違いとは?

まず蚊が人によってくるのは、蚊の基本性質を考えれば以外と理解できるのです。

まず人を刺してしまうのは、

そもそも二酸化炭素や乳酸(汗に含まれる)に反応するためという前提を

覚えておかなければいけません。

そのため、運動後や飲酒後、入浴後なんかは蚊にさされやすいですね。

そして体温が高い人。蚊は温度の高い所、暖かい場所に寄ってくる性質があるのです。

妊娠中の方も基礎体温が高いので、基本的には刺されやすくなってしまいます。

あと蚊は暗い色を好みますので黒い服を来ている人や、色黒の人には蚊はよっていきます。

そして蚊は人間が出すストレス性の物質を嫌うので、代謝が良くてストレスがない人は

さされてしまいます。

実際、血液型はあまり関係ありません。O型が刺されやすいと聞きますが、

実際には傾向性を見るとそうなっていただけ。A型だから刺されない、とかはありません。

スポンサードリンク

刺されない為の3つの対策

虫除けスプレーなどを使えば勿論刺されなくなりますよね。

今日はそうではなく、お金をかけずに刺されなくするための工夫を考えました。

①明るい色の服・長袖を着る

外に出ている時、多少暑くなりますが、虫が発生していると思われる所には長袖で

いきましょう。とはいえ、汗をかいてしまうと乳酸による刺激があるので、暑すぎると

判断できた場合は風通しの良い物を着るか、服による対策は出来ないと思った方がいいでしょう。

もし明るい半袖の服があれば、それを着ていても効果があるかもしれません。

②扇風機を使用する

蚊の飛行距離が時速2.4kmとかなり低いので、扇風機で風を起こすことによって、

蚊はよってきません。

さらに、扇風機の強い風によって人間を感知する毛状感覚子の働きを

混乱させることができますので、より蚊にさされにくくなります!これはいい

アイデアですね!

③忌避効果を利用する

これは、自宅にある場合とない場合とがありますが、

もし自宅の庭とかをあるものであれば、すぐ使えますよね。

花や植物なので、そのまま置いておくだけでも鑑賞用になりますし、

小さな子どもがいても特に問題なし。

ペパーミント・アップルミント

虫の多くはアロマのニオイが苦手らしいです。

ミントには、メントールが含まれていて、害虫に対する忌避効果をもっています。

サントリナ

蚊の対策になります。

空気をさわやかにするハーブとして古くから生垣や花壇に植えられてきました。枝は虫除けになるので乾燥させて棚やたんすの中にいれて利用することもできます。

レモングラス

実は人間にとっては爽やかでいい香りのレモン。虫にとって大嫌いな匂いだそう。

レモンの香りに弱く、レモン汁をかけると体が麻痺するそうです。

侵入経路となるベランダや玄関にレモンや柑橘系のアロマオイルを散布したり、

レモングラスの鉢をベランダや窓際、玄関脇に置くのも非常に有効です。

タンジー

虫除けとしてよく利用されハエよけとしての効果は抜群で、建物の周囲に植えておくとハエが室内にはいりにくくなります。また、アリよけにもなります。

ピレスラム(除虫菊)白花

蚊取り線香や殺虫剤として使われるハーブ。

整った美しい花姿と明るい色彩で和洋ともに似合い、切花にも庭植えにも利用できます。

除虫菊の名は、花にピレトリンという殺虫成分を含んでいて、虫除け剤として用いたことにちなんでつけられました。

(参考:http://www.rikcorp.jp/contents/syokusai05/)

③番はない場合はお金もかかってしまいますが、

虫を家の中に入れない、寄せ付けない対策がそもそも大事だということですね^^

刺されないための対策を今からスタートしていきましょう!

ご一読いただきまして、誠にありがとうございます!