わろてんか(NHK連続テレビ小説)のキャストや大阪市内のロケ地はどこ?

こんばんは!

ほだか@いい気分です。

最近外に出かける事があまりなくて、ワクワクすることが減少していた著者。

今日は、気分転換に遠くまで…ではなく、家の近くだけを空を見上げながら廻っていました。

空を見上げると、やっぱり落ち込んでいた気持ちも上がりますね。

明日から仕事で憂鬱になっている会社員の皆様も、是非空を見上げてくださいね(^0^)/

さて今日は、2017年10月からスタートする連続テレビ小説「わろてんか」を特集します。

キャストも豪華で、葵わかな、松坂桃李、高橋一生、濱田岳、鈴木保奈美、千葉雄大、

遠藤憲一、徳永えりら豪華キャストが出演することで話題になっています。

また大河ドラマ直虎に引き続き、主人公・井伊直虎が「おとわ」と呼ばれていた少女時代を

演じその芸達者ぶりが話題となった新井美羽、一斉を風靡した子役鈴木福

そのほかにも、大野拓朗、前野朋哉、藤井隆、枝元萌、兵動大樹、前田旺志郎が大阪編でも

演じることが決まりました!

著者が住んでいるこの大阪を舞台としたドラマで、吉本興業の創業者吉本せいを

モデルとしたストーリーです!

主演、葵わかなは本作のヒロインで、京都の老舗薬種問屋である「藤岡屋」の長女。

笑い上戸であり、よく笑顔で笑っている。笑いをこよなく愛する夫の藤吉と大阪を

「笑いの街」に変えていく。

見応えありそうですね!

気になる大阪市内のロケ地や、最終回のネタバレもご覧下さい☆

スポンサードリンク

わろてんかのあらすじは?

それはちょっと長くなりますので別の記事で紹介させていただきますが、

さきほども書いたように吉本興業の創業者吉本せいをモデルとしたストーリーです。

物語は、明治の後半から第二次世界大戦直後の大阪。

戦火で全て灰じんに帰するという中で、ヒロインの藤岡てん(葵)が、

ひょんなことから小さな寄席経営をはじめ、ついには日本で初めて“笑い”を

ビジネスにした女性と言われるまでになるまでのストーリーを描くものになっています。

なんだか面白そうですね!!吉本興業の創業に注目した作品は、笑いとは何か?

そして激動の時代の中でどう生きていったかを記すものになっていくのではないでしょうか??

スポンサードリンク

大阪市内のロケ地まとめ

ロケ地についての情報をまとめてみました!

チーフ・プロデューサーの後藤高久氏は

ドラマの第4~5週目は商都大阪の船場(せんば)が舞台、6週目以降は下町・天満を

舞台に笑いと涙の物語がくり広げられます」と説明しています。

商都大阪の船場はヒロインの藤岡てんの夫の実家です。

大阪の町人文化の中心となったところで、船場言葉は江戸時代から戦前期にかけて規範的・

標準的な大阪弁とみなされていたそうです。

天満では、歴代の吉本興業の場所は、大阪市北区天神橋、天満天神近くの第二文芸館とか。

吉本興業のホームページを見るとこう書かれています。

吉本興業の歴史は1912(明治45)年、

創業者である吉本吉兵衛・せい夫婦が、

天満八軒のひとつである「第二文芸館」を入手、寄席経営の第一歩を踏み出し

たことから始まります。

以降、よしもとにとって劇場は、お笑いを発信するホームグラウンドという

べき重要な場所となっています。

だからこそ、お客さまを前に繰り広げる生のお笑いは、よしもとの笑いの

原点となります。

芸人たちの真の実力が試されるのは、やはり舞台の上であり、

そこで芸を磨いた芸人たちが、テレビやイベントなど様々な分野で実力を

発揮する。

そんな好循環がよしもと芸人の面白さの秘密だと言えるでしょう。
現在、吉本興業は東京、大阪、京都、千葉、埼玉、静岡、小倉、沖縄で

12つの劇場を運営。

連日、人気芸人たちが漫才、落語、新喜劇、アイドルライブなど

多彩なエンタテインメントを披露し、多くのお客さまに楽しんで

いただいています。

出典:http://www.yoshimoto.co.jp/corp/guide/theater.html

他にも高橋一生さんの目撃情報から、

堺筋線恵美須町駅からすぐ、通天閣がある新世界にある焼肉味斗にて、

高橋一生が撮影をしているという目撃情報がありました。

これが今回の連続ドラマのものかは分かりませんが。

https://twitter.com/isseyfun/status/873197409823711232?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fxn--ddkf5a4b0cua7ha8553j4t5a.com%2Fdrama-laughing-location%2F2%2F

南地法善寺「花月」

大阪市南区東清水町か大阪市南区笠屋町(大阪市中央区東心斎橋)

他にもロケ地が分かり次第ここに更新していきますね!

放送開始日はいつ?

平成29年(2017年)度後期 連続テレビ小説 『わろてんか』

【放送予定】
2017年10月2日(月)~2018年3月31日(土) 《全151回》
【制作スケジュール】
2017年5月 クランクイン予定
【演出】
本木一博 東山充裕 川野秀昭 ほか
【プロデューサー】
長谷知記
【制作統括】
後藤高久

チーフプロデューサーの後藤高久さんのコメントを最後に抜粋します!

こんなバラエティー豊かな人々が登場する『わろてんか』は、家族ドラマとしても恋愛ドラマとしても、そしてコメディーとしても面白いこと間違いなし!です。私がそう断言できるのは、今回お集まりいただいた役者さんの顔ぶれを見ればこそ。ヒロインてんちゃんのほかに、ぜひ皆さんのご贔屓キャラを決めてご覧いただければ、毎日の楽しみが倍加するはず。
さて、キャストのみなさんがどんな笑いを見せてくれるか、ぜひご注目下さい。

出典:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/268609.html

今年の10月からのスタートが楽しみですね♪

仕事に行く前に見れたら、笑顔で出勤できそうです!

あまちゃん以降視聴率が震わない連続テレビ小説。

一体どうなるのか?今後も期待大ですね!

ご一読いただきまして、誠にありがとうございました!!