沖ノ島(世界遺産)日本のどこにある?上陸出来る?しきたりや歴史も調査!

こんばんは!

ほだかです。

なんと今日、とっても嬉しいニュースが入ってきましたね!

ポーランドのクラクフで開かれているユネスコ(国連教育科学文化機関)の

世界遺産委員会は9日、福岡県の「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と

関連遺産群」を世界文化遺産に登録することを決めた。構成8資産のうち、

ユネスコの諮問機関が4資産を「除外」するよう勧告したが、世界遺産委は

逆転で一括登録を認めた。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000047-asahi-soci

とついに、今回の登録で国内の文化遺産は17件、

自然遺産と合わせた世界遺産は21件になりました。

皆さんは多いイメージですか?それとも少ないイメージですか?

パっと聞かれたらおそらく少なく言うと思うので、たぶん日本という国土の中では

多い方じゃないかなと思います。

今日は沖ノ島が一体どこにあるのか、そして、世界遺産になった沖ノ島には

上陸が出来るのか、その理由も併せてなども調べてみました!

スポンサードリンク

沖ノ島はどこにある?歴史も調査!

構成資産は、本土から約60キロの玄界灘に浮かび、「日本書紀」にも

登場する海の女神が鎮座する宗像大社沖津宮(おきつみや)がある沖ノ島と、

いずれも島に付随する小屋島(こやじま)、御門柱(みかどばしら)、天狗岩

(てんぐいわ、以上宗像市)の4資産のほか、本土から約11キロ沖の大島に

ある中津宮(なかつみや)と沖津宮遥拝(ようはい)所▽本土にある宗像大社

辺津宮(へつみや、同)

信仰を支えた宗像族の墓とされる新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群

(福津市)の計8資産。

「顕著な普遍的価値がある」「航海の安全を祈願する信仰が古代から現代まで

断絶なく続いていることを示し、価値が高い」「航海に関する分野は今の世界

遺産一覧表には少ない分野」と評価された。

かつて日本書紀にも登場する場所。ずーっと古くから知れ渡っていた所なのですね。

周囲約4キロしかない沖ノ島はかつて4~9世紀に、

朝鮮半島や中国大陸への航海の安全などを願う国家的祭祀(さいし)が行われていました。

銅鏡や黄金の指輪、朝鮮半島の馬具、シルクロード由来のガラス製品など8万点にのぼる奉献

品(国宝)が出土し、「海の正倉院」とも称されています。

「沖ノ島」は「古代祭祀の変遷を示す考古遺跡がほぼ手つかずの状態で残されている」など

として2009年に国内候補の一覧表「暫定リスト」に記載されて、2015年の文化審議会

で国内推薦候補に決定しました。

スポンサードリンク

上陸は出来るのか?

ネットではこの一報に喜ぶ声がある一方で、観光客による自然破壊や大勢の観光客が

一気に押し寄せる事で沖ノ島の環境破壊や、場所を守ってきた人達を裏切る事に繋がるとし

て、そっとしておいて欲しい等と反対の声が上がっています。

しかし、実は沖ノ島は観光客が来る来ない以前に、簡単に上記こそできないしきたりがあるのです。

それは、「女人禁制」「不言様(おいわずさま)」「禊(みそぎ)」――。といった数々の禁忌

に包まれた玄界灘の「沖ノ島」は、1600年以上前から神の島だったのですが、女性は

立ち入り禁止、島で見聞したことを漏らしてはならない、島にあるものを何一つ持ち帰っては

いけない、上陸は原則不可といった多くの宗教的なタブーがあります。

軍艦島のように船で周遊して臨むだけになるか、それともいっさいやらないのか?

今後、文化遺産の保護と観光の両立、船舶の接近や無断上陸への対策などが課題となってくる

とのこと。

これだけ注目を浴びてしまうと、日本全国から、世界からも観光客は増えるでしょうね。

このしきたりだけは最低限のルールとして訪れる側も守って欲しいですね。

登録後の動きとは?

島を所有する宗像大社では、神宝館での出土品の展示のほか、様々な催しを通じ、

宗像や沖ノ島への理解を深めてもらう考えを持っているそうです。

「守るべきものと公開するものを今まで以上に峻別(しゅんべつ)することになる」と

宗像大社の葦津敬之宮司は語ります。

こうした条件の中で、魅力を多くの人にどう伝えるか、試行錯誤が始まっている。

新たな試みとして、沖津宮遥拝(ようはい)所のある大島では7月、

沖ノ島との歴史などを紹介する「大島交流館」が開設予定となっています。

約50キロ離れた沖ノ島のイメージを映像で伝えるなど、観光拠点としての役割を担う予定。

宗像市の郷土文化学習交流館「海の道むなかた館」は祭祀(さいし)の変遷や出土品を紹介

するパネルなどを充実させ、福岡県も今後、沖ノ島の祭祀遺跡の映像を制作するなど、

登録後を見すえた取り組みに乗り出していました。

今回の登録を受けて、福岡県全体でもこのように世界遺産となった神宿る島沖ノ島を

どう知ってもらうかを試行錯誤しながら決めていくものと思われます。

著者としては勿論一度は足を踏み入れてはみたい、、とは思いますがそのせいで、その

先祖代々と守ってきた土地が汚れてしまったり、環境破壊に繋がることなどは絶対にさけて

欲しいので入島制限を設ける等して欲しいなと思いました。

みなさんはどう思いますか?

ご一読いただきありがとうございました!