情熱大陸4/30出演する吉田ユニってどんな人?結婚や両親について調べてみた

いよいよ本日23:00〜、情熱大陸が放送されますね。

アートディレクターで有名の吉田ユニさんが出演されるとあって

とっても楽しみにしています!

番組の説明を抜粋すると、

旬を生きるあらゆるジャンルのアーティストが今、こぞってコラボレーションを望む吉田ユニ。作品は幻想と現実、シリアスと滑稽、可愛さと毒が共存する独自の世界観が緻密な計算のもとデザインに盛り込まれ、何度でも見返したくなる不思議な魅力を放つ。「次は何を作るのか?」「誰と組むのか?」そんな彼女の思考する現場、アイデアの引き出しを開ける瞬間、イメージを具体化する作業を撮影…作品が誕生する創作過程に徹底密着!

情熱大陸HP

この文章を読むと、気になりますよねー。どんな人なのか?

自分も恥ずかしながらお名前を伺った事がなかったので、

数多くのアーティストのCDのジャケットやポスターなどを手掛けている

今最も注目されているグラフィックデザイナー(アートディレクター)

吉田ユニさんについてどんな人なのか?を調べてみました!

また、気になる結婚をしているのか?や両親についてもあわせて調査しました!

吉田ユニさんのプロフィール

本名:非公開

出身:東京都

生年月日:1980年10月2日

経歴:女子美術大学付属中学校・高等学校

   女子美術大学芸術学部デザイン科造形計画専攻卒

   卒業後にクリエイティブディレクター大貫卓也さんの大貫デザインへ入社

 

ご本人がユニークな方だそうで、名前も「ユニ」になったとか。

本名についても調べましたが、非公開で公開されていない様子です。

2007年に独立後、CDジャケットデザイン、パッケージデザイン、広告、MV

など他にもたくさんのお仕事をされているそうです

インタビューの中でこうも語っています。

インタビュアー:

ユニさんの作品には、身体をモチーフのひとつにしてしまうなど、

女性ならではの強さや毒を感じることがあります。

吉田ユニさん: 特に意識しているわけではないのですが、ちょっとした毒の感じが嫌悪感に繋がらないようにいつも気をつけています。グロテスクだったり、やりすぎてしまうのは好きじゃないんです。「コワいけど、美しく見せる」ということが大事かな、と思って。そのバランスを見た引き算はすごくこだわっています。心のどこかにぐっと引っかかる強いビジュアルであることを意識していますね。

独特の世界観をまとった作品が多い印象を受けます。

CGではなく、アナログに作っているという話しも・・・?

またマネージャーやアシスタントもおいておらず、ハードスケジュールでも自分が

完全に理解しており、納得のできる中で仕事をしていきたい気持ちが根底にあると聞きます。

愛くるしい風貌からは想像もつかないストイックさも、吉田ユニさんの魅力のひとつだ。

そういった妥協のない姿勢からも、

星野源、木村カエラ、渡辺直美といった話題の有名人から支持されているアートディレクターたることが証明されます。

小さいころから、デザインやアートが好きでよく自分でデッサンもしていたそう。

会社の組織には入りましたが、アートについて制限されることはなかったように感じます。

こののびのびとした方向性が、吉田さんには似合っていたのかな・・・と個人的には思います。

ますます気になりますね。今日の放送が楽しみです!

結婚・両親について

結婚について

調査してみましたが、どうやら結婚相手はいないみたいです。

こんなに綺麗な方なのに!?と思わず思ってしまいます。

星野源さんとの噂も報じられていましたが、実際その噂も信憑性がないデマだとか・・・

それは恋のCDジャケットやグッズ制作のために連絡をとりあう必要があるからそう思われた

のかもしれません。

また両親についても、がんばってネット内を調べましたが、

残念ながらどこにも記載がありませんでした。

今後も調べて行きますね。でもどんな教育方針だったのか、どんな人だったのか等もますます気になります笑。

どの作品にも共通しているのは、見る者の不意を付き心ゆさぶる圧倒的インパクトだ。幻想と現実、シリアスと滑稽、可愛さと毒が共存する独自の世界観が、緻密な計算のもとにデザインに盛り込まれ、何度でも見返したくなる不思議な魅力を放つ。

http://news.mynavi.jp/news/2017/04/29/074/

圧倒的なインパクトがあるこの作品群。

そのアイデア発想の秘訣や、あまり公開されていない吉田ユニさんの性格など。

今日の情熱大陸は見逃せませんね!!

またいろいろな情報が上がってきたら調べてみたいと思います!!

読んでいただきありがとうございました!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする