セリア/seriaの板を使って靴棚をDIYしてみた。かかった時間と費用も。

こんにちは!!

ほだかです、最近実は・・・DIYにはまりつつあります。

やっぱり物を0から作っていくのは面白いなーと思っています!

そいえば最近靴箱が欲しいなーと思っていたところで、ネットで検索しても

だいたい2000円〜3000円以上かかる感じでした。

だったら、ちょっと試しに1000円以下で作ってみようかと思ったのが運の尽き。

そして今回購入先に選んだのは、100円ショップの中でもおしゃれに重点を置いている

セリア/seria です。

セリアのアイテムは何しろおしゃれ!

ダイソーと比較してもおしゃれさが際立っています(気がする)

わりかしおしゃれなアイテムが多い気がするセリアで揃えてみました。

もちろんダイソーにも素敵なアイテムはそろっていますので、

どのお店を選ぶかはその人次第ですが・・・

やっぱり足でお店を見渡して、ここで買おうと思った、自分にあったお店がいいですよね。

店内を探してみて、買ったものはこれだけ。

桐すのこ(40×30cm)×5枚

ハンマー

くぎ(サイズ様々)

合計756円

激安っ!

やはり100均はですね。

くぎもサイズは様々ですが一番小さいものでも38Pはいっていますので、くぎも余裕で

足ります。

出来たのがこちら。

なんも難しい事はありませんでした。

作る時間はゆっくり作業しても30分程かかったので、たったの15分くらいで作業できます。

実際全部の段に靴を置いて使ってみても、以外としっかりしています。

さらにもう1セットかって、3段×2セットで6段にしました。追加で用意したのは数点。

桐すのこ(40×30cm)×5枚

板材×2枚(左右に付け加えるもの)

合計756円。さきほどかかった金額と併せても1500円ほどです。

激安どころか、神安です!!!(本当にそんな造語があるのか…)

こんだけ靴を入れても強度は結構しっかりしています。

(見えにくいですが、左右に補木で強度を高めています)

こんなに簡単に、手軽に作れて通気性も良い靴棚だったら、作ってみた方が面白いんじゃない

かなーと改めて思いました!!

やっぱりまずやってみる事はいいですね。

DIYはよくテレビやネットでもしている人の情報はありましたが、なかなか手を伸ばし

づらかったです。

それは本当に自分が出来るのか?と勝手に頭の中でハードルを上げていたからでした。

買いに行くのが面倒くさいとか、作ったほうが壊れなくて頑丈だとかやらない理由をまず

考えてしまいます。

実際やってみたら以外と出来るって事を肌感覚で体験したら、

また作りたいなーと好奇心が出てきます。

物を買うだけで満足するのではなくて、多少手間がかかっても作ったらその

製品に愛着を持てる。

部品を買いそろえて作るという行為は、愛着も一緒に育てるものなんだなーと

実感した今日でした。

是非、出来るところから超簡単なDIYをおすすめします!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする