スペースワールドの閉園CM動画は?元従業員が明かすオススメのアトラクションは?

こんばんは、ほだかです。

最近なにかと話題のスペースワールドのCM。

もうご覧になりましたか?

まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。

これを見た時に思わず「閉園のCMなのに、スペースワールドどうしたっ?」と思った方も多いはず。

最初と最後のギャップに思わず拍子抜けしてしまいます 笑

まずスペースワールドについて知らない方もいらっしゃるかと思うので、

簡単にご紹介します。

スペースワールドって何?

スペースワールドとは北九州市八幡東区にあるテーマパーク。

JRスペースワールド駅からは目と鼻の先の距離。

九州北部にあるテーマパークとして非常に有名で、

県外からもたくさんの観光客に親しまれてきました。

スペースワールドは1990年4月オープン。1901年に稼働した日本初の近代製鉄所「八幡製鉄所」の遊休地に、新日鉄(現・新日鉄住金)が、福岡県や北九州市、地元銀行の出資を加えた第三セクター方式で開業させた。

———

宇宙飛行士の訓練を体験できる施設や、実物大のスペースシャトルのレプリカなど、宇宙をテーマにした娯楽施設が人気を呼んだ。

———

ピークだった1997年度には年間約216万人が来場したが、翌1998年8月、絶叫マシン「アトラスタワー」で、ワイヤーが切れてゴンドラが地上50mから地面に落ち、乗っていた12人が重軽傷を負う事故が発生。捜査では耐用年数を過ぎたワイヤーを使い続けるなどの整備不良が露呈した。

引用http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/16/space-world-to-close_n_13669894.html

ちょうど私が従業員として働きだしたのは、この事件が起きた後だったので、

事件当時の事は知りません。

ただ一つあるのは、こういった事故を通して、従業員が心を痛め、

設備に対してのメンテナンスを向上させ、事故の再発を防ごうと意識が高まったのは

言うまでもありません。

オススメするアトラクションと見所

スペースワールドには幾つものアトラクションがあります。

宇宙をテーマにしているテーマパークなので、

一つ一つのアトラクションにもそれぞれのテーマがあります。

アトラクションの生い立ちなどを、スタッフ(クルー)の人に聞いてみるとよりいっそう

面白くなると思います。

例えば、ザターンというアトラクション。

絶叫アトラクションで、急加速のロケットスタートで始まります。

発車後約2.5秒で最高時速約130kmに到達し、高さ約65mからほぼ垂直に急降下します。

一瞬の怖さはありますが、その後それを超える爽快感を迎えます。

何しろ時間が短いので、あっと言う間に終わります。だからやみつきになってしまう。。

そして、このザターンのテーマは

「宇宙病『GNS』(Genki Naqnaru Syokogun・元気無くなる症候群)を治療・予防するための大型医療機器の一種」という設定が有り、全体的に病院の手術室をイメージさせる外装が為されている。

引用https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3

という設定があります。

かけ声を発しながら、声をあわせた所でアトラクションがスタートします。

このお客さん(ゲスト)とクルーが近い距離で一緒となって声をあわせる感じも、

アトラクションをより楽しんで貰えるポイントかと思います。

年齢がいくつになっても子どもの気持ちに戻ったように楽しむ事ができます。

特にこのスペースワールドで珍しいのは、この宇宙飛行士の訓練を体験できる施設

(元スペースキャンプ)があった事です  (今はもうないですが…)

アメリカのスペース財団と提携し、日本で唯一その権限を保有していたので、

宇宙飛行士が訓練する際に使う機器を模して、体験訓練が受けられたのです。

残念ながらフリーパスは使えませんでしたが、

・1回500円程度で月の重力が体験できるムーンウォーカー

・2つの輪がそれぞれ異なる向きに周り、方向感覚を訓練するマルチアクセストレーナー

他にも宇宙空間での作業を疑似体験できる機械などもあったのです!

このスペースキャンプではかつて「月の石」が展示されていたこともあり、

(今では宇宙博物館2Fに展示されています)

閉園後にどこで見れるようになるのか、、

このFINALこそ最後のチャンスになるかもしれませんので、しっかりと見ておきましょう。

そしてさらに宇宙博物館にはなんと実物の「アポロ12号」と「J-2ロケットエンジン」実物を見ることが出来るのです!

他にもこの宇宙博物館は今までの宇宙の歴史と、人類がどのように宇宙開発を歩んできたのか、を見ることができます。

アトラクションでたくさん刺激を受けた後は、ここで身体を休めて宇宙の神秘について考えるのもスペースワールドでしか出来ない経験だと思います。

他にも、スペースワールドで最も人気の高いタイタンMAX、

「銀河系最大のスペースレース」というコンセプトを持ったヴィーナスGP

などなどたくさん見所はあります。

まとめ

私の青春時代を過ごしたスペースワールド。

たくさんの素晴らしいゲストや、想いをもったクルーと出会いました。

「来てくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝え、

「今日は来てよかったありがとう」と、感謝の言葉をいただきました。

一度でも行った事がある人に今回の閉園を聞いてどう思ったか尋ねると、

悲しむ声が多いです。

そして皆、「もう一度行きたい」と言っています。

かくいう私も。笑

今年中に一度は行きたいと思います。

そして、27年間おつかれさまでしたと言ってあげたいなと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする