iphone7の次モデルは7Sではなく8になるかも!?勝手に予想した

毎年この時期になると、お待ちかねの、アップル新型iPhoneの話題が出始めます。

例年通りであれば、

9月発表に向けてそろそろ本格化する時期です。

iphoneを持っている人も、機種変を考える時期ですね。

今まで、2年に1度は大幅に機構設計を変更してきたアップルですが、

iPhone 6/6Sに続いたiPhone 7では6のシリーズの構造をほぼ踏襲することとなりました。

7Sではなく8になる?

今年の新型iPhoneはiPhone 7をただ単に強化だけではなく、

機構設計も含めた大きなメジャーアップデートを施したiPhone 8になるのではないかとも

言われています。

なぜならば、新機能がデザインの大幅な変更を示唆しているから。

そう語るのは、ITジャーナリストの本田 雅一さんです。

ハードウェア面で多くのアップデートが施されるとみられるiPhone 8だが、

中でも確実視されているのがカメラ機能の強化とワイヤレス充電。

ワイヤレス充電はiPhone 7の際にも噂されていたが、

実際には搭載されなかった。

こうした噂はアップル内部からよりも、サプライヤーの周辺企業の動きから

推察できることが多い。おそらく昨年から準備を進めていた

将来機種でのワイヤレス充電機能搭載に向けた研究開発が、

iPhone 7向けの新機能として噂されていたのだろう。

と、未来を語っています。

本当はワイヤレス充電をiPhone7で導入をしたかった?

iPhone 7では従来のパターンから離れ、

(大幅な改良はあるものの)iPhone 6/6Sのコンセプトを踏襲した機構設計を採用した。

メジャーアップデートというよりも、部分的改変といった感じを受けますね。 

新機種はステンレスフレームをガラスプレートでサンドイッチした構造になるかも。

その理由は、重点を置いてきたワイヤレス充電機能の開発が

、アップルが意図している性能、機能に到達できなかったことが理由ではない

だろうか。

ワイヤレス充電に切り替える場合には、ボディには変更が必要。

アップルは他にも、iPhone 8のカメラ性能を向上させるため、

リアカメラ、フロントカメラ両方の大幅なアップデートを行うと言われている。

楽しみですね。完成する日を望む事でワクワクしてきます!

スマートフォンもすでに今、製品としての成熟が進んでおり、搭載するハードウェア機能で

独自性を出すことは非常に難しくなっています。

新しさはとても難しい。

最近のアップルの特徴は、メーカーが製品の機能やスタイルや使い勝手など商品全体の

スタイルを決めて商品作りをするプロダクトアウト型開発の徹底することだった。

消費者の期待を良い意味で裏切ることが驚きを生み、

そのサプライズこそがアップルのブランドを生み出してきた。

しかし、まさにJ-POPなどの音楽が使い古されていくように商品の成熟が進む事で、

さらなる驚きをもたらすことはできなくなってくる。

「まったく新しい」はアップル独自の製品を紹介する際の決め台詞だったが、

スマートフォンでは「まったく新しい」を実践することは極めて難しい。

先進国市場において、iPhoneはすでに欲しい人の手元に行き渡っており、

さらに販売台数を伸ばすためには新興国市場におけるシェア向上か、

既存iPhoneユーザーの買い替え促進が不可欠だ。

とも語っています。

今年秋のi-phoneモデルがどのようなモデルになるのか、

今からでも非常に気になる、楽しみなニュースでした。

読んでいただきありがとうございました!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする