わっしょい百万夏祭り2017の日時と見所は?駐車場や混雑状況も

みなさまこんばんは。

ほだかです。

先週は春らしく日中でも20℃を超えてぽかぽかしていましたが、

今日になって、風が冷たくなり一気に冬に逆戻りした感じです。

街中でも寒そうにされている方もたくさんいらっしゃいました。

早く暖かくなって、夏になってほしい!!と心から思わずにはいられません(笑)

気持ちだけでも現実逃避しようと(笑)、先取りして夏祭りについて私の体験談も交えて

つらつらと書いてみます。

今は大阪に住んでいますが、実は生まれも育ちも福岡県北九州市です。

北九州市はかつて100万人の人口がいたことで福岡市にならぶ100万人都市と呼ばれていました。

毎年夏になると恒例のわっしょい百万夏祭りという北九州で最も盛り上がるお祭り

開催されます。

ステージパフォーマンスがあったり、通りを封鎖して各団体が踊りながら廻ったり、

フィナーレには花火も上がったり、毎年毎年パワーアップしているすさまじいお祭りです。

わっしょい百万夏祭りの魅力などお伝えいたします。

わっしょい百万夏祭りとは?

まずはわっしょい百万夏祭りなんて聞いたことない!って方向けに。

北九州出身の人なら誰もが知っているお祭りです。

北九州市の夏の風物詩「わっしょい百万夏まつり」は、
1988年(昭和63年)市制25周年を機に、
市民の心を一つに合わせ多くの人々が楽しめるまつりとして
初めて開催されました。
以来、毎年少しずつ進化しながら開催をし、
例年150万を越える人々が市内外から訪れ、
楽しいひと時を過ごしていただいています。
昨年28回目の開催が終了し、例年150万を越える人々が市内外から訪れ、
楽しいひと時を過ごしていただいています。
当初運行していた花電車が現在では花自動車となるなど、
時代と共に変遷し、そして発展してきました。
http://wasshoi.info/wasshoi/
なんと2015年には約155万人にお越しいただいたそうです!
以前をしっている私からすると、かなり驚きです。
ただここ数年はあまり行けていないので、パワーアップしたわっしょい百万夏祭りにも改めて
もう一度行ってみたいなと思います。
GWに行われる約200万人の人出がある博多どんたくと並ぶくらいの大型イベントになって
きていることを思うと、なんだか嬉しく思います。(笑)

わっしょい百万夏祭り2017年の日時は?

さて今からだとまだ仕事の調整も出来そうです!日時が既に決まっています。要チェック!

日時:2017年8月5日(土) 8月6日(日)

お祭り場所:

上図は2016年の計画ですが、主に北九州市役所前と、市役所南側の大芝生広場あたりが

会場になります。

そしてパレード百万踊りについては市役所と大芝生広場の間の小文字通りを封鎖して

行います。

2017年のスケジュールは決まっていませんが、

毎年、花火は2日目の20:20〜20:50頃に行われます。

打ち上げ数予想:約4000発

わっしょい百万夏祭りのみどころ

このパレードや百万踊りも見応え十分です!

パレードはマーチングなどもあって、その美しさや笑顔、インパクトなど審査を行って

表彰されるので、見ているだけでも楽しめると思います!

百万踊りは、小文字通りを封鎖してぐるぐる周ります。

なので団体が演舞するのを廻っている列まで見に行くよりも、ある一カ所で止まっていれば

順番に向こうから廻ってきてくれるのでその方が疲れずにすみます。

順番に市役所の前にきたときに司会から団体の紹介がありますが、その時に団体が

パフォーマンスをしてくれる時があります。

ですので、観覧席がある市役所前の道路で待機して見ているのも良いポイントです。

そして百万踊りは団体の中に「飛入」とあり、見ている人も自由に誰でも参加できる列が

あります。

見ているだけじゃつまらないって方は絶対おすすめです!

音楽聞きながらフィナーレの花火まで一緒に踊る高揚感は、なかなか体験できるものではありません!笑。

そしてフィナーレの花火は勝山公園から上がります。

この市役所前の会場でカウントダウンをするので、市役所前で見たり、大芝生広場でシートをひいて見ている方も大勢います。

おすすめは、市役所の東側を流れる紫川を超えた対岸から見る事です。

実は、市役所の窓ガラスに照明をつけたり消したりして文字が浮かび上がるのです。その文字と一緒に花火を撮影するのが北九州ならではのポイントです。

その文字はこちら。

百万と書いてあります。

こんな粋なはからいを毎年しているのです(どうだまいったか笑)

よくよく見ると照明ではなく、何かで色を変えているようです。

花火の迫力を重視するならより近い大芝生広場ですが、

このビルと共に花火を見れて花火が映る水面も流れられる対岸が綺麗でおすすめです。

駐車場や混雑渋滞について

当日は車両の交通規制がかかるので、この北九州市小倉北区近辺で駐車場を探すのは

大変です。

帰りも祭りが終わった後は車の渋滞の列が長く続いています。

市のホームページでも交通機関をおすすめしているので、交通機関で来訪する方が断然

良いです。

例年ですと、室町駐車場(小倉北区室町3丁目2)と、企救丘総合基地駐車場

(小倉南区企救丘2丁目13-1)の駐車場を使用できるようにしています。

企救丘総合基地駐車場はモノレールが小倉駅に通じていますので、車を企救丘に停めて、

モノレールを利用して小倉駅まで移動するというプランです。企救丘総合基地駐車場は

無料解放されていますので、駐車料金はかかりませんので穴場です。

(小倉駅まで行くのに25分ほど時間はかかります)

できるだけ公共交通期間を使って現地へ向かうのが良いかと思います。

まとめ

わっしょい百万夏祭りの事をここで紹介できるなんてとっても嬉しい事です。

めっちゃおすすめですので、是非一度はお越しいただければと思います。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする