リバース犯人は一体誰?最終回まで待てないので、勝手に予想してみた。

おはようございます!!

リバース、第3話もみて毎回目を離す事が出来ない展開に、この春ドラマの中でも一番じゃないかなと思ってみています。

物語も急展開をし始めて、ますます面白くなってきていますね。

脅迫状を4人に送りつけた犯人は一体誰なのか?気になりますよね。

今回は勝手に予想してみたいなと思います。

原作とドラマの違い

実は、ドラマと原作で若干の違いがあります。

たとえば、ドラマでスノボ旅行に行っていたのが夏休みの旅行だったり、

家族や不倫相手も登場してくる。また武田鉄矢さん演じる小笠原俊雄さんも原作にはない

登場人物。

より人間が多く登場しているドラマ版、事件発生時の舞台も違っています。

展開も同じ展開になるのかどうかは全く予想出来ません。

第1話の特別試写会で、原作者の湊かなえさんはこう語っています。

「原作では、割とあっさり深瀬と美穂子さんが付き合い始めているのですが、(ドラマでは)二人が付き合うまでに、こんなに涙ぐましい深瀬の心の葛藤などが描かれていたので、まるで親戚のおばちゃんのように応援しながら、キュンキュンしてしまいました。そんな二人ですが、幸せは続かないという展開となっているので、(冒頭で)幸せな二人を応援したい気持ちを強くした分、ずしんと重い気持ちになりました。あらためて、登場人物一人ひとりに寄り添い作品の世界に入ることができました。原作では夏山へ行くのですが、ドラマで事件の起こるのが雪山ということで、ミステリー作品として更なる期待感を増してくれるものになっていると思いました」

湊かなえさんも第1話から楽しみにしているように、

原作とドラマでは大きく内容も違うかもしれません。

スポンサードリンク

気になるポイント「脅迫文」の手書き

著者が注目したのは、脅迫文です。4人の会社や学校、事務所、そして家や彼女まで送られてきた脅迫文ですが、よく見ると手書きのものが一部あります。

注目するポイントは、手書きのものは深瀬和久(藤原竜也)にしか送られていません。

他3人に向けて届いた脅迫文は手書きのものではないのです。

これは今の時点でも、物語を考察するのに十分となる証拠だと思います。

ではなぜ手書きなのか?

もしかすると、本人はまだ気付いていませんが、

深瀬に対する何かしらのメッセージだったかもしれません。

タイトルの「リバース」の意味

ドラマのタイトルでもある、リバースとは、

reverse:逆、反対、裏、裏面、不運、失敗、損失などの意味が一般的です。

しかしもう一つ同じ読み方で違う意味のものがあります。

rebirth:再生、更生、復活、復興

物語は過去にさかのぼって記憶をよみがえらせるように進んで行くので、タイトルのリバース=reverseと思ってしまいますが、実は後者のrebirthではないかなと思います。

つまり、生まれ変わるという意味を持った再生、復活、復興の意味。

最終的にどんでん返しを狙うなら、長く視聴者が見ていたタイトルに大きな意味を隠すのが、狙いだと思います。

つまりこの意味はこれしかないと考えていた視聴者にとって、違う意味だと分かった時こそ、大きくどんでん返しを産む瞬間になると思うのです。

スポンサードリンク

犯人は一体誰?勝手に予想

著者なりに考えた結果、犯人は下記3名のうち誰かかと思いました。

①実は死んでいなかった広沢由樹(小池撤平)による復讐劇。

②第5の事件当日にいながら全く描かれていない谷原の婚約者谷原明日香(門脇麦)

③裏に裏を書いて、実は本人が無自覚だった深瀬和久(藤原竜也)

脅迫文が手書きという事から何かしらのメッセージを深瀬に与えたかったのだとすると、最も中が良く、理解してくれている親友の広沢由樹で、一度何らかの悩みの中で自分を一度殺すしかないと考え、死んだ事にしたという展開。

しかし、矛盾するのは葬式のシーンなどもあるので、もし仮に別の誰かの死体であったなら、そこで本人でないと分かるかもしれないという事。

これは最も現実的ですが、当日遅れてきた村井隆明(三浦貴大)と、妹の谷原明日香(門脇麦)。事件に最も絡んでいる可能性があります。例えば、谷原明日香の運転する乗用車が間違って、広沢を敷いてしまった。その事を隠蔽するにあたり車を落下させて燃やした。その後半年後に白骨化して死体を川に流したのは、事件の外傷を分かりにくくさせるため。

しかし、この場合だと脅迫文を手書きで送りつけた謎が残ってしまいます。。。。

可能性としては非常に低いですが、まさしくシックスセンス的なストーリーで、映像では描かれていないが、深瀬自身が脅迫状を送りつけている真犯人。本人の無自覚な「人の無意識状態が最も怖い」演出にもなります。脅迫文が手書きだったのにもうなずけます。

深瀬はあの日の事を悔いるあまりに事件の後、精神病になって無意識のうちに脅迫文を作ってしまっているというストーリーかと。

以上が、著者が勝手に予想してみたというコーナーです。

特に脅迫文が手書きだというポイントと、タイトルから推察しましたが

もしかしてもしかすると、全く的外れかもしれません(笑)

いずれにせよ、全く先が読めない、この春ドラマの中で最も面白いドラマではないかと

思いますので、読んでいただいた方も是非推理してみてください。

これからもドラマが終わるまで要チェックですね!!