セカオワ新曲RAINの意味や歌詞!制作の裏側も!Mステ出演やリリースはいつ?

こんばんは〜

ほだかです。

皆様お元気ですか!?

最近は梅雨に入ったというのに全く雨も降らず乾燥しまくっている日々を過ごしていますね。

こうも晴れが続くと、一日くらい雨も降ってもいいかなとも思いますが・・・

じゃないと降らない時は降らない時で節水などになってしまうので、何事もほどほどが

いいですね。

さて今日はその世界観が大人気のアーティストSEKAI NO OWARI通称セカオワの新曲が

出るので、その新曲に注目します。

著者もセカオワが大好きで、知ったのは「RPG」「Dragon Night」からでしたが、

やっぱりその世界観に圧倒されました。その後、SOSやHey Hoなどでもファンになって

はまりました★笑

今日は独特な歌詞とファンタジーな世界観を持っているセカオワについて注目したいと思います♪

スポンサードリンク

セカオワの新曲RAINとは?MVはある?

今回、長編アニメーション作品の「メアリと魔女の花」の主題歌として書き下ろしされた

楽曲RAIN。

ファン待望の新曲です。そして、この映画の世界観を作ったとも言われる楽曲。

主人公メアリは一夜限りの不思議な力を手にした少女。

様々な困難に立ち向かいながら成長していく姿を描いたファンタジー作品だそうです。

これまた面白そうですね!

名作の「魔女の宅急便」の現代版になるのか?ハウルのような魔法の世界観も持っている

気も、著者はします。

MVはまだ発表になっていません。しかし、楽曲は映画の予告編でも使われています!

それがこちら!

制作の裏側とは?

今年2月、本作の監督「借り暮らしのアリエッティ」「思い出のマーニー」米林宏昌監督

プロデューサーと打ち合わせを行っていました。

プロデューサーからは、「見た人の背中を押してあげたいという気持ちがある。」

リクエストは見た人に勇気を与えられる曲だったそう。

今回、何度も曲を作るにあたり打ち合わせを重ねていたそう。

プロデューサーの西村さんから

作品としてストーリーの最後に僕たちの音楽がかかる時に、

それに意味がなければやりたくないんです」という旨を伝えていただいた

ここで初めて主題歌の意味とか、何の為に主題歌があって、僕たちが

すべきことはどういうことなのか?

を自分達なりにすごく考えて作らさせていただいた

とボーカルのFukaseさんは話しています

スポンサードリンク

打ち合わせの度に、映画の制作現場を見て熱量を肌で感じながら曲を作成していったそう。

ここら辺が、普通の楽曲作成と違うところですよね。

こういった感覚はすごく好きです。

現場を知らないと、そんな代表曲なんて作れないと著者も思います。

映画という大きな枠の中で、それぞれがプロの仕事をする。主題歌は言うならば看板

みたいなものなので、現場や作品の意味を知らないと作れない、と著者は思います。

歌詞の中でこういった一説があります。

虹が架かる空には雨が降っていたんだ

虹はいずれ消えるけれど雨は草木を育てていたんだ

歌詞は全文ではなく、一部だけとなってしまいました。

また全文入手できたらすぐに公開したいと思います!

勇気を出して一歩を踏み出していけば、必ず希望がある。

少女メアリの成長を空模様にかえて表現したのがRAINだったとのこと。

著者はこのRAINというタイトルは”雨”ですが、

「虹という一瞬の簡単に出来るほどの美しいもの

等はすぐ消えてしまうけれど、ちゃんと雨は土台を作り、草木を育てていくように

困難も無駄ではない、必ず自分の糧になる」

というような事を歌っているのではないかと思います。

帰り道に口ずさむ曲がいいんじゃないか。

子どもから大人まで歌える曲を意識して作った。

と曲がこれからどういう風に広がっていって欲しいかをSaoriさんは語っていました。

SEKAI NO OWARIの公式ホームページに、今回の作品への思いがまとめられていました。

「RAIN」はメアリの心の中を空模様になぞらえて書いた楽曲です。
映画を見終わった後、メアリの成長と共に自分も一歩踏み出してみようと思えるような主題歌にしようと、
米林監督や西村プロデューサーと話し合いを重ねながら楽曲を作り上げてきました。
米林監督はじめ、スタジオポノックの制作陣がまさに命を削ってこの作品を作り上げる所を見させて頂きました。
この作品が1人でも多くの人に届くことを願っております。
SEKAI NO OWARI
SEKAI NO OWARIのみなさんには絵コンテを見ていただき、
作品のことを十分にお伝えした上で主題歌を作っていただきました。
完成に至るまでは何度もやりとりしましたが、その結果すばらしい一曲が出来上がり、
映画のラストを温かくしめくくってくれました。
はじめて主題歌をエンディングにはめたものを観たとき、
暗喩を込めたフレーズのひとつひとつがスッと入ってきて胸にせまりました。
悲しみの雨は不意にやってきて僕たちを濡らしますが、
そんな中でも力強く歩いていきたいと思えるような、勇気をくれる歌です。
これは僕が「メアリと魔女の花」で表現したかったことと同じで、まさに”主題”歌です。
「RAIN」が映画と共に、観て聞いて下さった方たちの”主題”になってもらえたら、
作り手としてうれしく思います。

米林宏昌監督

Mステに出演するのはいつ?リリースは?

やっぱり気になるのは、生で演奏と歌詞を全部聴きたいですよね。

そんな絶好のチャンスがあります!

そうそれはMステです。

調べてみたら、6/23(金)のミュージックステーションにて新曲RAINが

披露されるようです!!

これは見ないと駄目ですね!

見れない人は絶対録画しないといけませんね!!

そして気になるリリースはいつか調べましたが、

2017年7月5日(水)発売でした!!

因にCDの初回限定盤Aのジャケットデザインは、米林宏昌監督書き下ろしの4人のイラストです!!

わぁお♪

そして気になる「メアリと魔女の花」映画の公開日は、2017年7月8日(土)公開です!

もう映画もCDリリースも待ちきれないですね!!

ご一読いただきまして誠にありがとうございます。