ストロベリームーン2017が見れるのはいつ?理由や原因、本日の天候は?画像も

こんばんは

ほだかです。

日中は死ぬ程暑いですが、夜と朝は涼しい感じがしますね〜。

このギャップで風邪をひいちゃう方がいるんじゃないかなと思ってしまうくらいです。

今日は仕事が終わって早めに帰れたので綺麗な夕焼け空を見る事ができました♪

ちょっとテンション上がりました(単純笑)

そして今夜は綺麗な満月ですね。

ちょうど見れていますよ。

今日はそんな月に関する話題、皆様ストロベリームーンって最近よくききませんか?

ストロベリームーンについて調べましたので、お届けします!

スポンサードリンク

ストロベリームーンとは?

夏至が近いときにだけ見られる赤い満月のこと。

月って、季節によって大きさも色も違います。

スーパームーンと言われるように、青白く大きく見える月もあれば、

今回のようにピンク色に見えることもあるそう。

「見ると好きな人と結ばれる」なんて話もあるんですと。

これは千載一遇のチャンスですね!

何が何でも見ないと!

出典:http://rocketnews24.com/2017/06/09/911488/

いつ見れる?

国立天文台によると、今日(6月9日)に見れるとのこと。

もう仕事している状況ではありません。今すぐに外に出ないと!

東京都の月の出は18時31分頃、日の入りが18時56分頃とのことです。

そして、調べていたところ実際に去年見つけて写真をとったという情報があった。

19時頃に撮影できたとのこと 出典:http://rocketnews24.com/2017/06/09/911488/

なぜ赤くなる?原因や呼ばれ方の理由も!

このキュートなお月様の名付け親は、ネイティブ・アメリカンのアルゴンキン

族であるそう。4月の満月を「ピンクムーン」と呼び始めた部族。

インディアンが付けた呼び名。

引用:http://rocketnews24.com/2016/06/20/763800/

おしゃれな部族ですね。月の満ち欠けとかで決めているんでしょうか?

実は、彼らにとって6月はイチゴの収穫時期で、

その始まりを告げる満月を “イチゴのお月様” と呼び、

それが「ストロベリームーン」として現在に伝わっているのである。

よく古代の人はピラミッドでも太陽の差し込む角度によって夏至や冬至を分かるように

していたとか、羊飼いが星空を見て方角を調べたりとか自然から学ぶ事が多かったですよね。

ちなみにヨーロッパでは6月の満月を「ローズ・ムーン」と呼ぶんだとか。

昨年2016年のストロベリームーンは、ちょうど夏至と重なったこともあり、特別に注目されていたそうです。

著者は全く記憶がありません。そうだったっけな?という感じ。

ちなみに今の時期は梅雨入りとかですから、なかなか雲に隠れてしまって見えない事も多いそうですね。

スポンサードリンク

ではなぜ赤くなるのか?その理由は?

これは不思議ですよね。チャンスは1年に1回。

調べてみたところ高度と関係していると。

ストロベリームーンは月が地上に近い低い位置にある時に起こる天文現象で、
夕暮れ時に太陽が赤く見える時と同じく光の屈折によって月が

ピンクがかった赤色やオレンジ色・赤茶色などに見える月の事を言います。

引用:http://pixls.jp/I0000383

ストロベリームーンが見られるのは、太陽が日中に非常に高い地点にあった時だけ。
日中照り付けた太陽が空気中に水分と空気で出来た分厚い層を作り出し、
その層の部分を通る月は赤みがかって見えるようになるのです。

太陽は常に対照の動きをしており、
太陽が高く上る時期は月は低く上り、逆に太陽が低く上る時期は月が

高く上るようになります。

1年で1番太陽の位置が高くなり、
1年で1番月の位置が低くなる夏至の日の満月だからこそ

見られる珍しい現象なんですね。

引用:http://pixls.jp/I0000383

なるほど・・・!なんとなく分かったような感じになりました!

とりあえず貴重な事で、一年に一度しか訪れないことなんですね!(分かってない笑)

今日の天候は?

今日の天候をチェックすると、曇りの所もありますが、晴れの所も多い。

引用:http://www.jma.go.jp/jp/yoho/

西日本では晴れていますので見えるかも!?東京や東北、北海道では

曇りや雨なので場所によっては見れるかもしれません!!!

ワクワクして胸が膨らみますね。

さぁさっそく外へGO!!!貴重な梅雨の晴れ間に見れたら最高ですね!