台風5号2017の大阪上陸の可能性は?米軍情報から進路予想!

おはようございます!

ほだかです。

いつの間にか8月になってしまいましたね〜。

一年のもう8ヶ月があっという間に過ぎているんですね。

早いなー。皆さんは今年やりたいことはやりましたか?

今年は著者にとっても色々と発見や出会いがある年でした。

さて夏といえば、台風が最も発生する時期ですね。

毎年大きな被害が出て、農作物以外にも旅行時の飛行機の遅延とかにも影響しますね。

さっそく、台風5号が直結するんではないか?と気になる存在とかしてますね。

子どもの頃は学校が休みになったりするので、台風が来る時もワクワクしてましたが

大人になってからはそれでも会社に行かないといけないので、うんざりしますね( > _ < )

今日は今最も気になる台風5号を調査してみました!

スポンサードリンク

台風5号の日本上陸の可能性は?

台風5号の日本上陸の可能性ってどれくらい?

夏といえばレジャー、週末に海にいったり観光地に行ったりする方も多いかと

思いますが、進路には日本本土がモロに入っているので、九州・中国四国地方に上陸する

可能性が非常に高くなっています。

2017年8月5日13時30分発表

強い台風第5号は、5日12時には

屋久島の南南西約60kmに

あって、北北西へゆっくり進んでいます。

中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。

この台風は、6日0時には屋久島の西北西約50kmに達する見込みです。

6日12時には

指宿市付近に達するでしょう。台風周辺地域および進路にあたる地域は

暴風や大雨に、

台風の進路にあたる海域は大しけに厳重な警戒が必要です。

出典:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1705.html

どうやら自転車をこぐようなスピードで進んでいるみたいで、速さはゆっくり。

となると、一つの場所を通る時間が長いので、被害も拡大しそうです。

かなり今まで進路は迷走していたようで、近々北上してきてこの進路。

大阪にも直撃しそうです。

スポンサードリンク

米軍情報は?

気象庁よりも発表が早く、精度が高いというアメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター

(JTWC)が発表する台風情報です。この台風情報は、本来は米国の政府機関による利用を

意図した情報ではありますが、一般の人々もアクセスすることができます。

結構精度が良くて、気象庁の予想を確かめるために、この情報を確認する方もいます。

出典元:米軍合同台風警報センター(JTWC)

8月5日(土)に九州の南部に上陸し、

進路を北東に進めます。

翌8月6日(日)の夜頃までに九州に上陸しているとの予想が出ております。

台風5号は移動速度が遅く、九州に停滞している期間が長いため

豪雨に警戒してください。

8月7日(月)にかけて、進路を北東に進め広島県付近を中心として移動し、

日本海を通過していくだろうとの予想になっています。

関西や東海の西地域も強風範囲内になるため、台風の影響を受けてしまいそうです。

月曜日は仕事に行くビジネスマンとかで電車遅延があると混雑しちゃうので、

早めに出かけて早めに帰る方がいいでしょう。

ちなみに、アメリカと日本の時差は9時間なので、

表記の時刻がアメリカ時間であるため、日本時間に直すためにはプラス9時間を

しないといけません。

まとめ

台風5号は太平洋に停滞してた期間も他と比べて長くなっていますので、

今回はとても強い勢力となっています。

九州に上陸してから停滞する期間が長いと予想されますので、

九州地域では前回の被害に引き続いて、台風の被害が心配されます。

地盤が弱くなって、土砂崩れなどがおきても被害に合わないようにいつでも逃げられる

準備をしていた方がいいと思います。

まず8月5日〜6日の上陸時の台風状況や勢力、その後の最新の台風情報も

常に見ておかなければいけませんね。

ご一読いただきまして誠にありがとうございます。